エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

  1. TOP
  2. マーテック
  3. SEO対策の無料ツール【絶対外せない13選】 ~チェック・分析・改善・定点観測をしよう~

SEO対策の無料ツール【絶対外せない13選】 ~チェック・分析・改善・定点観測をしよう~

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/26
SEO対策の無料ツール【絶対外せない13選】 ~チェック・分析・改善・定点観測をしよう~

SEO対策には、1.対策キーワードを決める、2.コンテンツを作成する、3.対策ページにリンクをはる、4.対策キーワードの順位を定点観測するという4つのステップがあり、知識をつければ、業者に頼らなくても自社で少しずつ工夫できることがたくさんあります。

本コラムでは特に、チェック・分析・改善・定点観測に活用できる無料ツールを13点ご紹介します。




※基本的なSEO対策のチェックリスト作成しました。
よろしければこちらも併せてご活用ください!
>基本のSEO対策チェックリスト


より上級者向けのノウハウ資料はこちらから。
>中上級者向けSEOセミナー資料


SEOの基礎と記事の書き方はこちらもどうぞ!
>全63ページ!「SEOの基礎と記事コンテンツの作り方」をダウンロードする

SEO対策のやり方

最初に、SEO対策の基本的な流れをおさらいしておきましょう。
SEO対策は、「1.対策キーワードを決める→2.コンテンツを作成する→3.対策ページにリンクをはる→4.対策キーワードの順位を定点観測する」の4ステップを繰り返すことで実施します。

1.対策キーワードを決める

まず、SEO対策の対象キーワードを決めます。キーワード選定の基本的な考え方は、「Webサイトから獲得したい見込み顧客を獲得するためにはどんなキーワードが良いか?」です。
ターゲットユーザーが抱えている疑問や課題から、どんなキーワードで情報を検索するかを考えます。
仮定するだけでなく、実際にインタビューやアンケートなどの調査結果から導き出すという方法もあります。
実際に自社のWebサイトへの流入が多いキーワード、見込み顧客を獲得できているキーワードも確認して考慮しましょう。

また、競合他社のWebサイトがどのようなキーワードを設定していて、実際にどのようなキーワードでの流入が多いのかもチェックし、自社サイトのSEO戦略に活かしましょう。

2.コンテンツを作成する

対策キーワードを決めたら、検索キーワードの流入先となるWebページに掲載するコンテンツを作成します。
コンテンツ作成の基本的な考え方は、「対策キーワードで検索したユーザーの疑問や課題を解決する内容」となります。
テクニック的なポイントとしては、SEO対策キーワードをページタイトルや見出し、テキストの最初の200文字以内に含めるといったことなどがあります。

3.対策ページにリンクをはる

コンテンツを作成したら、対策ページにリンクをはりましょう。
リンクの基本的な考え方は、「対策キーワードのコンテンツページに対して内部リンク・外部リンクを両方はる」ことです。

4.対策キーワードの順位を定点観測する

ここまでできたら、対策キーワードで自社サイト該当ページの順位変動を確認しながら随時テコ入れを行って、さらなる上位表示を狙ったり、高順位をキープしていきます。

SEO対策のやり方について、詳しくは下記のページもご覧ください。

【関連記事】【SEO対策のやり方】キーワード・コンテンツ・リンク・定点観察の4STEPで対策しよう!

競合・自社サイトを調査する

ここから、前章でご紹介したSEO対策フローのステップごとに、活用したい無料ツールをご紹介します。
まずは、「1.対策キーワードを決める」で、競合サイトや自社サイトを調査する際に活用できる無料ツール7つから。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

まずはグーグルサーチコンソールを設定しましょう。自社サイトの検索クエリやエラーの確認などができます。対策キーワードでの検索結果への表示回数やGoogleの検索結果から自社サイトへの訪問数などもわかります。SEO対策を行うなら必ず設定して欲しい必須のなかの必須ツールです。

SEOチェキ

http://seocheki.net/

URLを入れるだけで、そのサイトが設定しているタイトル、ディスクリプション、キーワード、h1がすぐにわかるため、競合サイトがどんなキーワードを狙っているかを知ることができます。

SimilarWeb(シミラーウェブ)

https://www.similarweb.com/ja

こちらも、URLを入力するだけで競合サイト分析できる無料ツールです。
自社サイトへのトラフィック、アクセス状況、検索ワードのほか、SNSや広告からのアクセスなどもわかります。
Webサイトのほか、Chromeの拡張機能やFirefoxアドオンもあります。

Keywordmap(キーワードマップ)

https://keywordmap.jp/

こちらも、URLを入力するだけで競合サイト分析できる無料ツールで、競合などのWebサイトの自然検索で獲得できているキーワードを知ることができます。競合サイトが獲得しているキーワードと、自社サイトが獲得しているキーワードを分析できます。

Screaming Frog SEO Spider
(スクリーミング フロッグ エスイーオー スパイダー)

https://www.screamingfrog.co.uk/seo-spider/

被リンクの数を把握できる無料ツールで、複数ページを一括でチェックできます。内部リンク、外部リンクともチェックでき、一覧をCSV出力できます。

thruuu(スルー)

https://app.samuelschmitt.com/#/

対策キーワードでの検索結果1~10位のコンテンツの特徴を抽出してくれる軽くてシンプルな無料ツールです。
注意点としては、すべての項目で「日本語」を選択する必要があること。日の丸のアイコンを押せば一括で選択できます。

hanasakigani.jp(ハナサキガニ.jp)

http://hanasakigani.jp/

被リンク数や元ページのURL、タイトルがチェックできる無料ツールです。競合サイト分析に役立つのはもちろん、自社サイトの管理にも活用できます。

キーワード候補を調査する

つづいて、「1.対策キーワードを決める」で、キーワード候補を調査する際に活用できる無料ツールをご紹介します。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

メインキーワードとともに設定するサブワードのサジェストを、検索ボリュームとともに大量に抽出してくれ自社サイトの分析、競合サイトの分析がともに行えます。こちらも「日本語」の選択を忘れずに行いましょう。

対策キーワードの検索ボリュームを確認する

「1.対策キーワードを決める」で、対策キーワードの検索ボリュームを確認する際に活用できる無料ツールを2つご紹介します。

Googleキーワードプランナー

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

SEO対策したいキーワードの検索ボリュームを確認できる無料ツールです。
利用にはGoogleのアカウントが必要になるため、Googleに広告を出稿したことがある企業に限り無料で使えます。

aramakijake.jp(アラマキジャケ)

http://aramakijake.jp/

検索順位別に検索ボリュームを調べることができる無料ツールで、検索数予測と競合検索数予測の2つが行えます。
対策キーワードの「関連語」「月間推定検索数」「検索順位別の月間検索アクセス予測数」を確認することができます。

対策キーワードのサジェストを調査する

「1.対策キーワードを決める」の中には含めていませんが、このフェーズで対策キーワードのサジェストを調査する際に活用できる無料ツール2つをご紹介します。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

https://www.gskw.net/

Googleのサジェスト機能で表示されるキーワード候補を1回の操作で一度に表示させ、CSV形式でまとめてダウンロードできる無料ツールです。Googleで実際に検索されているキーワードの組み合わせや、ユーザーが検索する可能性が高いキーワードを提案しているため、対策キーワードと一緒に検索される情報を網羅することができます。
※Googleが提供しているツールではありません。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

http://www.related-keywords.com/

対策キーワードを入力するだけで関連キーワード一覧を調べられる無料ツールです。
質問サイト「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」で対策キーワードがどういった使われ方をしているかも把握できるため、見込み顧客の抱える課題を探るのに役立ちます。

キーワードの順位を定点観測する

「4.対策キーワードの順位を定点観測する」のフェーズで活用できる無料ツールをご紹介します。

GRC(ジーアールシー)

https://seopro.jp/grc/

ボタン一つで検索キーワードの順位を調べられるツールです。直近の順位変化のほか、過去の順位変化をグラフ表示できます。グラフ上にメモできる機能もあり、実施したSEO対策などをメモすることで、順位変動の原因も把握できます。30個までなら無料で使えます。

Google順位変動を確認する

「4.対策キーワードの順位を定点観測する」に関連して、Google順位変動を確認できる無料ツールをご紹介します。

namaz.jp(ナマズドットジェイピー)

http://namaz.jp/

Google順位変動と、Googleが不定期で実施するパンダアップデート、ペンギンアップデートといったアルゴリズム変更を同時に確認できる無料ツールです。グラフで視覚的に確認できます。

まとめ

現在提供されている無料ツールには調査・分析ツールが多く、SEO対策の4つのステップのうちの2つまでしか網羅していませんが、ぜひ活用して効率よく効果的なSEO対策を行ってみてください。

コンテンツを作成やリンクをはりに関しての疑問やお悩みについては、当社もお手伝いできますので、お気軽にご連絡ください。




※基本的なSEO対策のチェックリスト作成しました。
よろしければこちらも併せてご活用ください!
>基本のSEO対策チェックリスト


より上級者向けのノウハウ資料はこちらから。
>中上級者向けSEOセミナー資料


SEOの基礎と記事の書き方はこちらもどうぞ!
>全63ページ!「SEOの基礎と記事コンテンツの作り方」をダウンロードする




【SEO関連記事】
【2021年版】SEO対策とは?主なアップデート・施策・事例・無料ツールをまとめました!

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)とは?Web担当者なら知っておきたいSEOワードを解説!

YMYLとは?該当ジャンルとEATとの関連性、SEO視点での対策方法まで!

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

デジタルマーケティングのすすめ

デジタルマーケティングのすすめ

無料ダウンロード

関連キーワード

人気 SEO対策 分析 おすすめ

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語

はじめての展示会出展までの道のりを描いたドッタンバッタン劇場

メールマーケティング