エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

  1. TOP
  2. デザイン
  3. おしゃれなロゴデザインを作るコツや考え方!無料で作れるアプリやツールもご紹介します

おしゃれなロゴデザインを作るコツや考え方!無料で作れるアプリやツールもご紹介します

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/28
おしゃれなロゴデザインを作るコツや考え方!無料で作れるアプリやツールもご紹介します

最近のロゴデザインは、デザイナーでなくともおしゃれなロゴデザインが作れる無料のアプリやツールもあります。

写真や画像のシェアが簡単になった現代、サービスやブランドを印象づけたり、イメージをコントロールしたりするため、よりさまざまな場面でロゴデザインが求められるようになっています。

今回の記事では、ロゴデザインの種類や作成方法をまとめてご紹介します。


※Webサイトのデザイン依頼に使えるデザイン依頼書の無料フォーマットをご用意しました。
  ぜひ本記事と併せてご活用ください!

>デザイン依頼書を無料でダウンロードする

ロゴデザインとは?

ロゴデザインは、企業・サービス・ブランド名などをデザイン的に表現したもので、企業の理念やビジョンを象徴的に表現したり、サービスや店名を覚えやすく印象付けたり、ブランドのイメージをコントロールしたりするために活用されています。

企業やお店などあらゆるところで目にするロゴデザインですが、ロゴデザインは下記のような種類に大別できます。

ロゴデザインの種類

コーポレートロゴ、団体・組織ロゴ

企業や団体、組織のアイデンティティや理念、ビジョンを表現したロゴです。
会社案内やホームページ、名刺などに掲載され、その会社や組織を象徴するアイコンとなります。

企業名や組織名をデザインされた文字(ロゴタイプ)で表現したものや、理念やサービス内容をシンボルマークで象徴的に表したものが一般的です。

またコーポレートロゴにメインカラーとして使われる色は、その企業をイメージさせる色=「コーポレートカラー」として、ホームページ、カタログ、パンフレットなどさまざまな広報ツールに応用される場合が多いです。

例:エムタメ!運営会社であるMtame株式会社のコーポレートロゴ

Mtameのロゴはチャレンジ精神やアイデア・ひらめきを大事にしたいというコンセプトから電球をモチーフに。
社名の頭文字である「M」を、右上がりに成長できるようにとの想いを込めてデザインしています。

サービスロゴ、ショップロゴ、ブランドロゴ

各企業や組織が提供・運営するサービスや店舗、ブランドを象徴するロゴです。
コーポレートロゴとサービスロゴが共通の場合もありますが、企業によっては複数の異なるサービスやブランドを展開している場合もあるため、企業ロゴとサービスロゴを分けて設定することも多いです。

また、コーポレートロゴとサービスロゴをまったく違うデザインにする企業もあれば、あえてテイストを揃える企業もあります。
組織として、サービスやブランドをどうブランディングしていきたいのか最初に考えておくとバラ付きがなくなります。

例1:Mtameが運営するMAツール「BowNow」、CMSツール「Blue Monkey」のサービスロゴ

それぞれのサービスで色やデザインは異なりますが、シンボルマーク+黒のロゴタイプというデザインの方向性を統一しています。

例2:オンラインアシスタントサービスの株式会社キャスターのサービスロゴ

サービスのラインによって同じデザイン・違う色でサービスロゴを構成しています。

認定ロゴ、認証ロゴ

各種認証機関が定めるロゴマークで、審査や検査の基準を正式にクリアしている証としてそのロゴマークの使用が許可されます。

例えば、ISO(国際標準化機構)認証規格のロゴマーク、日本の産業製品の規格であるJISマーク、環境に配慮した原料を使用した製品に付けられるFSC認証マークなどがそうです。
これらのロゴは、各種審査を経たうえで、製品やサービスの信頼性を高めるために活用されます。

画像引用元:日本産業標準調査会FSCジャパン

ロゴデザインの基本の形

また、ロゴデザインの形は基本的に次のような種類に分けられます。

それぞれのメリット・デメリットとともにご紹介します。

横長のロゴデザイン


画像引用元:三井不動産

 

メリット 高さが小さいためWebサイトのヘッダーに掲載しやすい。ロゴタイプが見えやすい。
デメリット 横に長すぎると、掲載場所の横幅に制限がある場合、文字が見えにくくなる(企業スポンサーでロゴが並べられる場合など)。

参考ページ:TOKYO2020オリンピック パートナー紹介ページ

縦長のロゴデザイン

画像引用元:旭酒造

 

メリット ラベルや印刷物を作るときに余白をとりやすく、洗練された印象を与えることができる。
デメリット 高さが取れないためWebサイトのヘッダーに掲載するのが難しい。デザインによっては文字が小さくなって見えにくくなる場合もある。

正方形または丸形

画像引用元:BEAUTY & YOUTH

 

メリット ショップカードやネームタグ、ロゴステッカーなど、印刷物にはレイアウトしやすい。
デメリット Webサイトのヘッダーに掲載するのが難しい。掲載スペースによっては文字が見えにくくなる場合がある。

ハイブリッド型

画像引用元:ハイエンドリモートワーク「CODEAL」

 

デザイナーにロゴデザイン制作を依頼する際には、さまざまな掲載場所に対応できるよう、シンボルマークとロゴタイプの組み合わせを「縦組み」と「横組み」両方のパターンで作ってもらう方法もあります。

ロゴデザインの作り方

ロゴデザインは、限られた大きさやミニマルなデザインで伝えたいことを表現しなければならないため、まずロゴを通して「なにを表現したいか」を決めることが大切です。
企業名をデザイン的に表すだけでなく、表現したいテーマが明確になっていると、デザイナーも意図を汲み取ったデザインができます。

以下では、ロゴデザイン制作のアプローチでよくあるいくつかのパターンとその例をご紹介します。

企業理念や想いを表現したい

amazon

amazon

https://www.amazon.co.jp/amazon

有名なamazonのロゴはAからZにつながる黄色の矢印が「あらゆるものが手に入る」ことを表現しています。また矢印はスマイルも表しており、amazonでの購入体験がお客様の幸せ・笑顔につながることをイメージしています。

コメリ

コメリ

https://www.komeri.bit.or.jp/

ホームセンターのコメリは、朝日を表す円と時を告げる鶏をモチーフに、堅実な企業の姿、時を告げる正確さ、未来を予知する能力など、自然の流れのなかで未来に向かって挑戦する同社の企業姿勢を表している。

ランボルギーニ

ランボルギーニ

https://www.lamborghini.com/jp-en

高級車であるランボルギーニのロゴデザインは「闘牛」をモチーフにしています。これはライバルであるフェラーリの「跳ね馬」に対抗したものだと語り継がれています。もともとトラクターの会社であったランボルギーニは、「フェラーリよりもっと良いスポーツカーを作る」という決意で生まれたと言われています。

サービスの特徴を表現したい

Beats

Beats

https://www.beatsbydre.com/jp

ヘッドフォンのBeatsのシンボルマークは丸の中にアルファベットの「b」を入れたシンプルなデザインに見えますが、このシンボルマークは同時にヘッドフォンをする人を横から見た様子を表しており、製品を象徴的に表現しています。

Pinterest

Pinterest

https://www.pinterest.jp/

インターネット上の気に入った画像をピンで留めるようにアーカイブすることができるPinterestのロゴデザインは、頭文字の「P」をピンのようにデザインし、サービス内容をわかりやすく表現しています。

ブランドのコンセプトを表現したい

SEVENDAYS=SUNDAY

SEVENDAYS=SUNDAY

https://www.stripe-intl.com/brands/7days-Sunday/

アパレルブランド「SEVENDAYS=SUNDAY」のロゴデザインは、7つのカラフルな丸で1週間を表し、毎日が日曜日のような気持ちで、オフタイムカジュアルをコンセプトとしたスタイルを楽しんでほしいというブランドメッセージが表されています。

かまわぬ

かまわぬ

https://kamawanu.jp/kamawanu/

てぬぐいブランド「かまわぬ」のロゴデザインは、判じ物と呼ばれる謎解き(「鎌」と「輪」の絵)を活用しています。「構うものか」という江戸町人の心意気を表現したブランド名とそのコンセプトをセンス良く伝えています。

ランドマークやシンボルを表現したい

Cisco

Cisco

https://www.cisco.com/c/ja_jp/index.html

ネットワーク機器会社のシスコシステムズのロゴデザインは、サンフランシスコを拠点としており、青い線は電磁波を表すと同時にゴールデンゲートブリッジを表現していると言われています。

British Blind Sport

British Blind Sport

https://britishblindsport.org.uk/

視覚障害を持つ人のスポーツを支援するイギリスの団体British Blind Sportのロゴデザインは、イギリス国旗をモチーフに目をかたどったデザインを施しています。

ロゴを覚えてもらいたい

ユニリーバ

ユニリーバ

https://www.unilever.co.jp/

ユニリーバは社名の頭文字である「U」をさまざまなアイコン、モチーフで表現しています。理念やビジョンを文字でなくデザインの中に込めた好例です。

GU

GU

https://www.gu-japan.com/jp/sp/

言わずと知れたGUのロゴは、潔くGUの文字のみが視認性高くデザインされています。ユニクロの姉妹ブランドとして、ユニクロのロゴと関連性を持たせたデザインになっています。

Nintendo ゲームキューブ

Nintendo ゲームキューブ

https://www.nintendo.co.jp/ngc/

Game CubeのGとCを印象的に見せるため、ひとつのシンボルでGにもCにも見えるデザインを施しています。

ロゴデザイン作成ツール、サービス

最後に、ロゴデザインを制作に役立つツールやサービスをまとめてご紹介します。
ロゴデザインの制作方法は、ツールを使って社内でデザインしたり、デザイナーや制作会社に発注したりと選択肢が増えています。予算や求めるクオリティに応じて、使い分けるのがおすすめです。

ロゴデザイン作成ツール

LOGO MAKER(STORES.JP)

LOGO MAKER(STORES.JP)

https://logo-maker.stores.jp/

ブラウザ上で色を変えたり、モチーフを追加したりして簡単にオリジナルのロゴデザインを作成できます。商用使用もOKです。

Hatchful(Shopify)

Hatchful(Shopify)

https://hatchful.shopify.com/ja/

業種や作りたい雰囲気を選択し、社名やブランド名、キャッチコピーを入れるだけで、何百ものテンプレートからロゴデザインを提案してくれるツールです。

LOGASTER

LOGASTER

https://www.777logos.com/

会社名・ブランド名を入力し、業種を選択するだけで自動的にロゴを生成してくれるツール。Webサイト用のスモールサイズのダウンロードは無料、高解像度ロゴは9.99ドルからダウンロード可能。

Squarespace Logo

Squarespace Logo

https://www.squarespace.com/logo/

こちらもブラウザ上で簡単にロゴデザインが可能。Tシャツやショップカードに入れたイメージも確認できます。英語版のみ。

Canva

Canva

https://www.canva.com/ja_jp/

ロゴデザインをはじめ、プレゼンテーション、Instagramの投稿、ポスターなどさまざまなものが簡単・おしゃれに制作できるデザインツール。

参考記事:誰でもデザイナーになれる「Canva(キャンバ)」でグリーティングカードをつくってみた!

デザイナーや制作会社

クラウドソーシング

かけられるコストが限られている場合や、たくさんの提案の中から選びたい場合にはクラウドソーシングの活用がおすすめです。

クラウドソーシング

Crowd Worksのロゴ制作サイト

https://crowdworks.jp/static/lp/logo/

制作実績数が豊富で、大手企業のロゴがここから制作された実績もあります。登録デザイナー数12万人以上。

ココナラのロゴデザインページ

ココナラのロゴデザインページ

https://coconala.com/categories/351

たくさんのフリーランスデザイナーがロゴデザインの単価を公表しています。価格や制作実績から依頼する人を選択可能です。

ロゴデザインに特化した制作会社

表現すべきコンセプトのコンサルティングなど、より質の高いデザインプロセスを求める場合は、ロゴデザイン専門の制作会社に依頼することも選択肢となります。

ロゴデザインに特化した制作会社

ビズアップ

https://www.biz-up.biz/

ロゴ受注数日本一を誇るロゴ専門デザイン会社。デザイン提案を見てから購入するか決めることができます。

ロゴデザインに特化した制作会社

LOGO市

https://logoichi.com/

2案まで無料提案、デザインが気に入らなければ無料というリスクを抑えた発注方法が可能。

The company

The company

http://www.the-company.co.jp/

ロゴデザインに特化したデザイン会社。「売れるデザイン」をコンセプトに、数々の企業やブランドのロゴを制作している。

DONUT DESIGN

DONUT DESIGN

https://donut-design.com/

ロゴ紹介サイト「ロゴストック」を運営する会社のデザイン部門。ロゴに関する豊富なノウハウを生かした提案が可能。

ロゴ販売サービス

ロゴマーケット

ロゴマーケット

https://logomarket.jp/

あらかじめ登録されたプロのロゴデザインから気に入ったものを選び、購入。その後、修正やアレンジを依頼できるサービス。

LOGO TANK

LOGO TANK

https://logo-tank.net/

デザイナーが作ったロゴが7,900円から購入できるサービス。購入したロゴの色変更などのリクエストも可能。

その他 ロゴ制作の参考になるサイト

logo stock

logo stock

https://logostock.jp/

さまざまな企業やブランドのロゴデザインを集めたまとめサイト。

logo lounge

logo lounge

https://www.logolounge.com/articles/2019-logo-trend-report

海外のロゴデザインをまとめたサイト。英語版のみ。ロゴデザインのトレンドまとめが参考になります。

logo lounge

LOGOPOND

https://logopond.com/

海外のたくさんのロゴデザインをまとめたサイト。

ブランド・社名・ロゴマーク由来辞典

ブランド・社名・ロゴマーク由来辞典

https://www.brand-yurai.net/

いろいろな社名やロゴマークの由来、込められた意味などを解説・まとめた情報サイト。

Pinterest

Pinterest

https://www.pinterest.jp/search/boards/?q=%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3

「ロゴデザイン」などのキーワードで検索することで、たくさんの他社のロゴデザインを参照できます。

まとめ

企業やサービス、ブランドなど、さまざまな場面で必要とされるロゴデザインは、その制作方法の選択肢も豊富になってきています。

便利なツールを使って手軽に自分で作成したり、プロに依頼して洗練されたデザインを作成したり、用途によって使い分けることが大切です。

便利なツールやノウハウ豊富な制作会社をうまく活用し、魅力的なロゴデザインを作成しましょう。

参考記事:エムタメ!ニッチな製造業のイケてる「ロゴマーク」まとめ

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

デジタルマーケティングのすすめ

デジタルマーケティングのすすめ

無料ダウンロード

関連キーワード

Web制作 ブランディング

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語

はじめての展示会出展までの道のりを描いたドッタンバッタン劇場

メールマーケティング