エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

  1. TOP
  2. デザイン
  3. 企業イメージを左右するWebフォントの使い方

企業イメージを左右するWebフォントの使い方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/13
企業イメージを左右するWebフォントの使い方

Webサイトには必ず文字(テキスト)が記載されていますが、この文字にもデザインがあることをご存じでしょうか?

この文字デザインのことを、「フォント」といいます。

多くの人はあまり気にせず感覚的に捉えられていると思いますが、フォント一つで閲覧者に与える印象は大きく異なります。

今回はフォントのなかでも、Webサイトに用いられる「Webフォント」についてお話してみます。

1.Webフォントとは?

Web制作に携わった経験のある方はご存じだと思いますが、構築の際には「フォントの指定」を行います。

以前は、閲覧者側のパソコンにインストールされているフォントしか表示ができず、インストールされていないフォントは置き換えて表示されていました。

ところが最近のフォントは、サーバーからデータを読み込みWebページに表示させるしくみのため、どの端末から閲覧しても同じフォントが表示できます。

このため、それぞれの閲覧環境にインストールされているフォントを気にすることなく、Webデザイナーの意図するフォントを表示できるようになったのです。この技術のことを、Webフォントといいます。

2.フォントが与える印象

どんなWebサイトにも、フォントは必ず使われています。

そのフォントから受ける印象には、「楽しそう」「ポップ」「かわいい」「スタイリッシュ」「かっこいい」「清楚」など、さまざまでしょう。

企業サイトにおいてもフォントが与える印象は大きく、閲覧者に企業イメージを伝えるための重要な要素の一つといえます。

3.Webフォントのメリット・デメリット

【メリット】
  • SEO対策
    SEOの観点から検索エンジンのクローラーに文字情報として認識されるため、画像で起こしたものよりも優位に立てます。
  • 環境に左右されない表示
    サーバーからデータを読み込み、Webページに表示をさせるので、どの端末から閲覧しても同じWebフォントが表示され、デザイン性の高いWebサイトの構築が可能です。
  • メンテナンス性
    編集する際にはHTMLやCSSの記述を変更するだけなので、作業者のメンテナンスがとても楽になります。

【デメリット】
  • 表示速度が遅くなることも
    サーバーからデータを読み込みWebページに表示される方式なので、データの量によっては表示が遅くなることもあります。
  • 有料のWebフォントもある
    無料で使用できるWebフォントも存在しますが、フォントによっては使用料が必要なものもあります。
  • 日本語フォントの不足
    英語に比べ、日本語のWebフォントはまだまだ対応数が少ないです。フォントにこだわりたい方は、どれがWebで使えるフォントかを確認しましょう。

4.Webフォントサービスの種類

Webフォントには「有料」「無料」のWebフォントサービスが存在します。

下記に、有名なサービスをご紹介します。

<有料Webフォントサービス>

「タイプスクエア」

https://typesquare.com/

フォントで有名な「モリサワ」が提供するサービスです。

複数のプランから目的に応じて選ぶことができ、800を超える書体から選択が可能です。

サイト内でトライアウト等の機能もあり、見出しや本文ごとにシミュレーションを行うことも可能です。

タイプスクエア

「Abobe Fonts」

https://fonts.adobe.com/

「フォントパック」というサービスを提供しています。

テーマや用途に応じて選べるので、初心者の方も深く考えず選択することが可能です。

Abobe Fonts

「ウェブフォントファン」

https://webfontfan.com/

日本語Webフォントのサービスサイトです。インストール手順等が優しく説明されており、初心者も始めやすいでしょう。

ユニークなフォントもあり、さまざまな用途に対応できそうです。


 

<無料Webフォントサービス>

「Google Fonts」

https://fonts.google.com/

Googleが提供しているGoogle Fontsは、無料で使用できます。導入の手順も比較的簡単で、初心者でも使いやすいのも特徴です。

Google Fonts

5.まとめ

特徴的なWebフォントを採用することで、デザインの幅が広がり、さらに企業が意図したイメージを閲覧者に届けることも可能になります。

特に企業の印象を決めるコーポレートサイトなどでは、こうした閲覧者に与えるイメージが重要になってきます。

写真やイラストと同じように、フォントにもこだわって選んでみてはいかがでしょうか。

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

デジタルマーケティングのすすめ

デジタルマーケティングのすすめ

無料ダウンロード

関連キーワード

Web制作

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語

はじめての展示会出展までの道のりを描いたドッタンバッタン劇場

メールマーケティング