エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

TOP > コラム > 【2019年6月】Googleニュース! SEO対策のトピックスまとめ

【2019年6月】Googleニュース! SEO対策のトピックスまとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/10
【2019年6月】Googleニュース! SEO対策のトピックスまとめ

日々更新されるGoogle社の最新のSEO関連ニュースや、新機能の情報をまとめました。
この記事は2019年6月のトピックスです。

1.【更新】検索結果トップ画面に同一ドメインが複数表示されないように

2019年6月7日 Google社の公式TwitterであるGoogle SearchLiaisonは、Google検索結果のトップ画面に、同一ドメインが複数表示されないようにするアップデートを実施したと発表しました。これは検索結果の多様性を高める狙いがあるといわれています。

これまでは、検索結果のほとんどが同じサイトからというケースもありましたが、同一サイトからの結果ばかりだと、検索結果の多様さが失われます。
そこで、違うサイトからいろいろな情報を得たいというユーザーのフィードバックをもとに仕様を変更したということです。

基本的に同じサイトからの表示は2件までとなりますが、特定の検索に適していると判断された場合には、同一ドメインから2つ以上の結果が表示される場合もあります。
また、サブドメインはルートドメインの一部と判定されますが、関連性があると判断された場合は、別サイトとして扱われます。

これにより、特定のクエリで検索結果に複数のURLが表示されていたサイトは、トラフィック・表示回数にマイナスの影響が出る可能性がありますが、基本的なランキングに影響するものではありません。

参考リンク:

2.【更新】検索結果カテゴリメニューアイコンの新UIをリリース

2019年6月17日、Googleは、検索結果一覧にて、カテゴリメニューアイコンの新UIをリリースしました。

この変更点は、PC検索結果の画面に適用されており、モバイル検索結果には変化はありませんでした。
スクリーンの横幅が狭いため、モバイルでは不要と判断されたのかもしれません。クリックするとアイコンはGoogleカラーに変わります。
今回の変更によって、大きくトラフィックが変わるなどの影響は出ないと思われます。

Google公式ブログで紹介されたDiscoverに掲載される広告サンプ

3.【更新】広範囲のクエリで順位変動

2019年6月19日、Google検索結果の広範囲のクエリで順位変動が生じました。特にファッション、仕事・HR、金融関連クエリで大きな順位変動が生じた可能性があります。

傾向

  • 意味の範囲の広いキーワードとその周辺ワードとではGoogleの評価方法が異なる可能性があります。
  • 小規模ECサイト・ポータルサイトで順位上昇を確認。大規模サイトの下落を受け、上昇していると想定されます。
  • 健康・医療関連クエリで、医療系ポータルサイトの上昇が観測されました。

Google公式ブログで紹介されたDiscoverに掲載される広告サンプ

これは、Googleの品質評価ガイドラインの変更により、YMYL(YourMoney of YourLife)クエリで変動があったことの影響が大きいと考えられます。

YMYLとは、Googleの品質評価ガイドライン内で「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」を指して使用されている言葉で、これらのカテゴリに当てはまるサイトには、他のカテゴリよりも情報の信頼性・正確性や、著者の専門性を求める傾向があります。

YMYLにおけるSEOやコンテンツマーケティング等の施策は決して無駄ではありませんが、順位変動の影響をいつ受けるかわからず、突然トラフィックが大幅に落ちてしまう可能性があります。
そのため同カテゴリのサイトは、広告など別の手段でサイト訪問者を増やす方法も視野に入れることも必要です。

4.【情報】 GoogleMAPs最適化サービス(MEO)の業者依頼に関する注意

MEOは、Map Engine Optimizationの略で、主にGoogleマップに対する地図検索エンジン最適化のことを表します。

Googleマップには「Googleマイビジネス」としてカテゴリごとに店舗の詳細情報や位置情報、写真などのコンテンツが登録されています。
MEOでは、このGoogleマイビジネスのコンテンツを最適化することで、検索結果に表示される回数を増やしたり、より上位に表示されたりするための対策をします。

これまでは、MEOの対策方法で違反行為が見つかっても、店名変更通達程度で済んでいました。
しかし今後は、違反行為があった登録事業者はMAPsからの削除、Google マイビジネスへ再登録が必要になる可能性があるといわれています。

このようなことになると、ユーザーからの評価がリセットされ、蓄積した口コミなども表示されなくなります。
対策としては、Google マイビジネスのガイドラインを守ることに尽きますが、MEO対策を業者に外注する場合にも、その対策方法・内容には十分な注意する必要があります。

Google公式ブログで紹介されたDiscoverに掲載される広告サンプ

参考リンク:

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

関連キーワード

Google Googleニュース! SEO

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング