エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

  1. TOP
  2. 広告
  3. 結局「クリック(CPC)課金」と「インプレッション(CPM)課金」ってどっちがいいの?

結局「クリック(CPC)課金」と「インプレッション(CPM)課金」ってどっちがいいの?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/27
結局「クリック(CPC)課金」と「インプレッション(CPM)課金」ってどっちがいいの?

Web広告を運用している方なら、CPA(一人の顧客獲得にかかったコスト)を意識しない方はいないでしょう。
ROAS(広告費に対して売上ベースでどれだけ投資効果が上がっているかを測る指標)をいかに上げるかは、マーケティング担当者のミッションの一つでもあります。

Web広告の課金方法として、代表的なものが「クリック(CPC)課金」と「インプレッション(CPM)課金」ですが、どちらの方がコスパが良いのか迷った経験はありませんか?

今回は、この2つの課金方法をさまざまな角度から比較し、「結局、どちらがいいの?」という疑問を解消していきます。



※Web広告の種類を特徴ごとに比較した無料PDF資料をご用意いたしました。
 よろしければこちらも併せてご活用ください!

>「Web広告サービス比較12選」を無料でダウンロードする。

1.それぞれの課金タイミング

まずは、それぞれの課金方法のおさらいをしておきましょう。

クリック(CPC)課金

クリック(CPC)課金とは、クリックされるごとに広告費が発生するタイプの課金方法です。
CPCは、Cost Per Click(コスト・パー・クリック)の略です。
広告表示(インプレッション)が何回でも費用は変わらず、クリックされて初めて広告費が発生します。
※支払いのタイミングは、1ヵ月分など一定期間でまとめて行うケースが多いです。

つまり、「クリック(CPC)課金」の課金タイミングは、クリックされたときとなります。
もう少し細かくいうと、クリックしてリンク先のページにジャンプした時点で広告費が発生します。

ユーザーを該当サイトに誘導した数と広告費が比例するため、費用対効果が明確であるというメリットがあり、リスティング広告で多く採用されている課金方式です。
動画広告でも「TrueView(トゥルービュー)」として知られている課金方法です。

インプレッション(CPM)課金

インプレッション(CPM)課金とは、表示回数1,000回ごとに広告費を支払うタイプの課金方法です。
CPMは、Cost Per Mille (コスト・パー・ミル)の略です。Milleは1,000を意味します。

つまり、「インプレッション(CPM)課金」の課金タイミングは、インプレッションが1,000回に達したときとなります。

CTRが高いほどクリック(CPC)課金に比べてクリック単価が割安になるとうメリットがあり、DSP広告やSNS広告などで多く採用されている課金方式です。

2.メリット・デメリット

それぞれの課金方法のメリット・デメリットは、下記のようになります。

クリック(CPC)課金

クリック(CPC)課金のメリットは、インプレッション数が何回でも、クリックするまでは広告費が発生しないので、効果が出るまで無駄は費用が発生しないという点です。
そのため、費用対効果がわかりやすいのです。
しかも、出稿は「クリック数が最大になるように」配信されます。

一方、クリック(CPC)課金のデメリットは、競合が多い分野(キーワード)では広告費が高くなる点です。
また、クリックするユーザー数に応じて広告費が想定以上に膨らんでしまう(または予算上限に達するスピードが予想より速い)ことがある点です。
出稿したら数日は、クリック数の動向をしっかりチェックする必要があります。

インプレッション(CPM)課金

インプレッション(CPM)課金の最大のメリットは、インプレッション数が最大になるように配信されるため、多くのユーザーに見てもらえる点です。

また、クリック数に左右されずに一定額の広告予算で出稿できます。
このため、クリック率が高い場合、クリック(CPC)課金に比べて広告費を抑えることも可能です。

一方、インプレッション(CPM)課金のデメリットは、純粋に表示だけを目的としていれば良いのですが、サイト流入や購入といった成果への貢献がわかりづらいので、費用対効果が見えにくい点です。

3.目的から課金方法を選ぶ

「クリック(CPC)課金」と「インプレッション(CPM)課金」の概要がわかったところで、本題の「どちらを選ぶべきなのか?」というテーマに入っていきましょう。

ポイントは2つ、「広告出稿の目的(=広告効果)」と「クリック率(=広告費)」です。
まず、広告出稿の目的(広告効果)から選ぶ場合は、ブランディング目的か販売目的かで、どちらの課金方法を選ぶべきかが変わってきます。

ブランディング目的の場合、とにかく多くのユーザーに広告を見てもらう必要があります。
周知が目的なので、インプレッション数が最大になるように配信される「インプレッション(CPM)課金」を選んだ方が広告効果が高いといえます。

逆に、販売を目的とした広告の場合、クリック数が最大になるように配信される「クリック(CPC)課金」を選んだ方が広告効果が高まります。

4.コスト面から課金方法を選ぶ場合

もう一つのポイント「クリック率(=広告費)」から選ぶ場合、クリック率0.1%※を超えるか超えないかで、どちらの課金方法を選ぶべきかが変わってきます。
※インプレッション(CPM)課金が1,000インプレッションごとの課金のため

同じ広告料金でクリック率が0.1%よりも高い場合は、「インプレッション(CPM)課金」を選ぶ方が広告費を抑えることができます。

たとえば、クリック(CPC)課金もインプレッション(CPM)課金も100円で、クリック率:0.5%、インプレッションが1万だった場合、それぞれの広告費の計算は下記のようになります。

クリック(CPC)課金

10,000(imp)×0.005×100(円)=5,000(円)

インプレッション(CPM)課金

10,000(imp)÷1,000(imp)×100(円)=1,000円

よって、「インプレッション(CPM)課金」を選ぶ方が広告費は安くなります。

逆に、クリック率が0.1%よりも低い場合を見てみましょう。
同様に、クリック(CPC)課金もインプレッション(CPM)課金も100円、インプレッションが1万で、クリック率が0.05%の場合、

クリック(CPC)課金

10,000(imp)×0.0005×100(円)=500(円)

インプレッション(CPM)課金

10,000(imp)÷1,000(imp)×100(円)=1,000円

となり、「クリック(CPC)課金」を選ぶ方が広告費は安くなります。

実際に広告を運用してみて、クリック率が0.1%を超えているかどうかを確認して、状況に合わせて課金方法を変えても良いのではないでしょうか。

5.まとめ

「クリック(CPC)課金」と「インプレッション(CPM)課金」について、概要とメリット・デメリットをご紹介してきました。

結論として、どちらが良いとは一概にはいえず、出稿後の広告効果やクリック率、広告費をチェックしながら最適な方を選んでいく必要があります。

課金方法についてお悩みの方は、当社でもWeb広告運用のお手伝いをしておりますので、お気軽にお問い合わせください。



セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

デジタルマーケティングのすすめ

デジタルマーケティングのすすめ

無料ダウンロード

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語

はじめての展示会出展までの道のりを描いたドッタンバッタン劇場

メールマーケティング