エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

理想動画制作会社

スグ見つかる!

動画を探す

movieprint
MoviePrint
TOP > デザイン > デザインの参考サイトに!ブランディングが秀逸な企業まとめ

デザインの参考サイトに!ブランディングが秀逸な企業まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/05
デザインの参考サイトに!ブランディングが秀逸な企業まとめ

ブランディングは、デザインや価格、機能だけで選ばれるのではなく、その人にとって価値があると思わせることも大事です。

ホームページを制作する際も、ブランディングを目的としたウェブサイトを制作することがありますが、参考となるウェブサイトがあれば、方向性がぶれずに目的に合ったサイトを制作することができます。

今回は、業界や消費者から世界的に評価されたブランドのウェブサイトを紹介していきますので、参考にしてもらえればと思います。

 

 

 

 

1.「ワールド・ブランディング・アワーズ」とは?

ワールド・ブランディング・アワーズ

参考:World Branding Awards

「ワールド・ブランディング・アワーズ」とは、世界的に最も優れたブランドの業績を表彰するもので、 ロンドンに本拠地をおく、非営利団体「ワールド・ブランディング・フォーラム」によって、 業界および消費者のためにブランディングの基準を高める活動をしたブランドに贈られる賞です。

このワールド・ブランディング・アワーズは、3つの賞から構成されており、

受賞種類

  • 「グローバル・アワーズ」:世界的なブランドに贈られる賞。
  • 「ナショナル・アワーズ」:現地国でよく知られているブランドに贈られる賞。
  • 「リージョナル・アワーズ」:特定の地域でトップとなるブランドに贈られる賞。

3回目を迎えた2016年では、35カ国から2,800以上のブランドのノミネートの中から、12万人以上の世界中の消費者が投票に参加し、30カ国から210のブランドが受賞されました。

 

2.日本の受賞企業

日本では、これまで2014年と2015年に5ブランド、2016年に下記の9ブランドが受賞しました。

今回受賞したブランドを見ても分かるとおり、私たちの生活でよく知られているブランドや、 海外でも十分に認知度があるブランドが受賞しています。

2016年

ナショナル・アワーズ

  • 全日本空輸(ANA)
  • 三菱東京UFJ銀行(MUFG)
  • セイコー
  • すき家
  • サントリー

リージョナル・アワーズ

  • 味の素
  • 伊勢丹
  • キッコーマン
  • ユニクロ

 

 

3.受賞企業のWEBサイトは参考サイト

一昔前までのブランディング活動といえば、TVや新聞・雑誌などで、企業側から発信される情報だけでした。

 

現在は検索エンジンやSNSによって、企業や商品の情報を自ら取得することができるようになったことで、インターネット上のブランディングが重要になっています。

 

ブランディングがもたらすが効果は下記の5つが挙げられます。

ブランディングの効果

  • 認知度の向上
  • 競合他社との差別化
  • 継続的な購買
  • 低価格競争からの脱却
  • プロモーション・コストの削減

 

ブランディングを意識している企業は、ウェブサイトに最新のデザイントレンドを取り入れたり、UI/UXを工夫したり、ユーザーに有益となるコンテンツを発信したりと、様々な方法でブランドイメージを形成しています。

 

 

 

4.事例

2016年に受賞したブランドのウェブサイトを、参考になる点を挙げながら紹介していきます。

 

ANA


ANA

参考:ANA

 

参考になる点

トップページのファーストビュー内に予約の検索窓があり、ナビゲーションもシンプルで分かりやすく、直感的に操作できるレイアウトになっています。

 

 

サントリー


サントリー

参考:サントリー

 

参考になる点

メインビジュアルには固定イメージではなく、イメージムービーを使用することで、ユーザーへのブランドイメージの訴求を図っています。トップページ以外にコンテンツ内でもイメージムービーを使用し、商品のイメージを具体的にユーザーに伝えています。

 

 

味の素

味の素

参考:味の素

 

参考になる点

一目で企業規模が分かるコンテンツ「数字で見る味の素グループ」は、ユーザーに安心感を与えつつ、遊び心も入り混ぜたコンテンツの見せ方となっています。

 

 

キッコーマン

キッコーマン

参考:キッコーマン

 

参考になる点

スクロールした際のナビゲーションを固定することで、ページが長い場合でも他のページにもスムーズに誘導させることができます。

 

 

ユニクロ


ユニクロ

参考:ユニクロ

 

参考になる点

展開タイプのメニューにより、トップページからでもユーザーが知りたい情報に直接辿りつけるよう設計されています。

 

 

 

5.最後に

今回紹介した受賞ブランドは、ユーザーが必要としている情報を分かりやすく届けつつも、コンテンツ内でそのブランドが持つイメージを訴求しているサイトが多いように感じました。

 

ウェブサイトを作成する際は、サイトの目的とユーザーに訴求したい内容を十分に考慮する必要があります。

 

ブランディング強化を考えている企業は、この「ワールド・ブランディング・アワーズ」で受賞された企業のウェブサイトを参考に、レイアウト設計やコンテンツの見せ方などのヒントを得てみてはいかがでしょうか。

 

 

 

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング