エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

TOP > コラム > 大手企業の秀逸なキャッチコピー【40選】

大手企業の秀逸なキャッチコピー【40選】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/10
大手企業の秀逸なキャッチコピー【40選】

製造業の秀逸なキャッチコピー【10選】の好評を受けて、今回は、製造業以外にもさまざまな業界から大手企業の秀逸なキャッチコピーを集めてご紹介します。ボリュ ームも増量して40選へ。

Webサイト制作や広告出稿などで、キャッチコピーを作成しなければならないマーケティングご担当者様のご参考になれば幸いです。

旅客・運輸業界

旅客・運輸業界の大手企業のキャッチコピーを4つご紹介します。

日本を、1枚で。東日本旅客鉄道株式会社

JR東日本が発行するICカード「Suica」のキャッチコピーです。

導入当初の利用可能エリアは首都圏エリアのみでしたが、私鉄やバスとの相互利用を拡大していき、2019年4月現在では、北海道から九州地方まで日本の広範囲に広がっています。

こうした利用エリアの拡大と利便性を端的に表したわかりやすいキャッチコピーとなっています。

でかける人を、ほほえむ人へ株式会社西武ホールディングス

東京都・埼玉エリアに路線を持つ西武鉄道を中心に、バス、タクシー事業や遊園地・スキー場、ホテルなどの運営、不動産事業などを手がける西武ホールディングスのキャッチコピーです。

企業ドメインである旅客をキーとして、利用者の快適性や利便性、娯楽性などの実現を一言で表す秀逸なキャッチコピーとなっています。

うねりを、チャンスに。株式会社商船三井

海運業の大手、商船三井のキャッチコピーです。鉄鉱石、石炭、穀物、原油、液化天然ガスといった原料から石油精製品、液体化学製品、自動車などの製品類を船で運搬しています。

「うねり」には、海の波と時代の変化がかけ合わされていると思われ、困難を好機に変える意思が感じられます。

同社のサービスを使うことがユーザー企業のチャンスにつながるというメッセージと、同社自身の抱負を併せ持つキャッチコピーとなっています。

明日の空へ、日本の翼日本航空株式会社

日本でもっとも長い国内線と国際線の歴史を持つ日本航空(JAL)のキャッチコピーです。

企業のキャッチコピーで、「未来」「明日」はよく使われるキーワードですが、飛行機の翼と未来へはばたくイメージを見事に重ね合わせています。

情報通信業界

情報通信業界の大手企業のキャッチコピーを2つご紹介します。

先進的な業界なだけあって、未来を感じさせるキャッチコピーが多いようです。

いつか、あたりまえになることを。株式会社NTTドコモ

大手携帯電話キャリアのNTTドコモのキャッチコピーです。

キャッチコピーだけでは事業ドメインが伝わってきませんが、先進的なサービスをいち早く提供し、業界スタンダードを取っていくのだという強い企業姿勢が感じられるキャッチコピーです。

未来創発株式会社野村総合研究所

日本の最大手シンクタンクである野村総合研究所(NRI)のキャッチコピーです。

「未来創発」は同社の造語で「思いがけない新しいビジネスモデルを次々と生み出す」という意味。同社の姿勢を表しているといいます。

四字熟語のようで印象に残るキャッチコピーとなっています。

卸売業界

卸売業界(総合商社)のキャッチコピーを2つご紹介します。

”つぎ”を創る力三菱商事株式会社

日本の五大商社の一つである三菱商事のキャッチコピーです。

「未来」の意味が「つぎ」に込められています。一見するとメーカーのようなキャッチコピーですが、天然ガスから食品まで幅広い商材を扱う総合商社である自負と、卸売業を通して社会を変えるという意思が込められていると思われます。

ひとりの商人、無数の使命伊藤忠商事株式会社

大手総合商社の伊藤忠商事のキャッチコピーです。

こちらも日本の五大商社の一つですが、キャッチコピーは「商社」としての自覚が存分に現れており、三菱商事のキャッチコピーとは対照的なのが興味深い点です。

「ひとりの商人」は、伊藤忠商事の従業員という意味にも、伊藤忠商事の法人格という意味にも取れます。扱う商材がさまざまな分野、さまざまな用途に利用されていることが伝わってきます。

小売業界

小売業界のキャッチコピーを2つご紹介します。

2社とも、低価格帯の商品を中心に扱う企業ですが、キャッチコピー方向性は大きく異なっています。

服を変え、常識を変え、世界を変えていく株式会社ファーストリテイリング

ユニクロなどを展開する衣料小売大手ファーストリテイリングのキャッチコピーです。

カジュアル衣料の常識を買え、グローバル企業として成長を続ける同社を表現した秀逸なキャッチコピーだといえます。

ちなみに、会長兼社長の柳井 正氏は、2019年の世界長者番付で41位、国内では1位を獲得しました。

【参考記事】

安いクセして。合同会社 西友

食料品、家庭用品、衣料品などの小売チェーン西友のキャッチコピーです。

安さを強調しつつ、品質の高さもアピールする絶妙なキャッチコピーとなっています。

同社はほかにも「カカク、ヤスク」「ゼッタイ鮮度」「サゲイスト」といった強烈なキャッチコピーを多数、輩出しています。

建設業界

建設業界の大手企業のキャッチコピーを2つご紹介します。

子どもたちに誇れるしごとを。清水建設株式会社

200年以上の歴史を持つ大手ゼネコン清水建設のキャッチコピーです。

キャッチコピーからは建設業であることがわかりませんが、建設の様子を写した映像や画像と組み合わせる前提で作られていると思われます。

「未来」のイメージを「子ども」に託してうまく表現された秀逸なキャッチコピーです。

木と生きる幸福住友林業株式会社

木材・建材事業、住宅・不動産事業を柱とする住友林業株のキャッチコピーです。

売上比率は木材・建材事業から住宅・不動産事業へとシフトしてきているようですが、キャッチコピーで、木との密接な関係を維持していく姿勢をアピールしています。

教育業界

「よく生きる」株式会社ベネッセコーポレーション

通信教育、出版事業のほか介護事業も手がけるベネッセコーポレーションのキャッチコピーです。

辞書をひくとわかりますが、「よい」には善悪や優劣意外にも「美的に優れている」「人柄が好ましい」など、たくさんの意味があります。ひらがなで「よく」と表現することで、すべての意味のよいを含め、各事業分野においてそうした「よい」人生のための商品・サービスを提供することをうたっていると考えられます。

“「」”(かぎ括弧)がついている点からこだわりが感じられ、単語(名詞)として扱っているような印象も受けます。

金融・保険業界

人生は夢だらけ。かんぽ生命保険

郵政民営化で誕生した国内生命保険会社大手のかんぽ生命が2016年から使用しているキャッチコピーです。

同社の主力保険は、終身医療保険や歳満期養老保険、年金保険といった「長生き」「人生」に深く関わる保険が多く、人生に対する希望をイメージさせるキャッチコピーとマッチしています。

エネルギー業界

電気に、本気。電源開発株式会社

J-POWERの愛称で知られる電源開発のキャッチコピーです。

ダジャレ系のキャッチーなコピーで親しみやすさを狙ったものと思われます。競合他社と重複しにくいので、敷居を下げたい場合はダジャレ系のキャッチコピーを作るのはおすすめです。

水産・農林業

海といのちのみらいをつくるマルハニチロ株式会社

漁業・水産加工や食品製造を行うマルハニチロのキャッチコピーです。

グループスローガンは「世界においしいしあわせを」で、世界各国150ヵ所にグループ会社を持つグローバル企業としての自負が読み取れます。

コーポレートサイトのトップページには、ほかにも「つながる、幸」「とどく、幸」と、海の幸を扱うこと、物流事業とをかけたキャッチコピーが掲載されています。

飲食サービス業界

心と心で、つながる未来へワタミ株式会社

「居食屋 和民」などを展開するワタミのキャッチコピーです。

外食産業を中心に、農業、介護事業、人材開発・教育事業なども手がけており、すべての事業に共通する思いが込められていると考えられます。

過去にはブラック企業として取り上げられ、労使に関する問題を抱えていたことをふまえると、従業員と企業の関係も含めて考案されたものなのかもしれません。

製造業(食品)

ここからは、製造業の大手企業のキャッチコピーを製品分野別にご紹介します。 まずは食品から。

Eat well,live well.味の素株式会社

うま味調味料「味の素」をはじめアミノ酸を核とする事業展開で、中心となる食品事業のほか、アミノ酸事業、医薬事業を手がける味の素のキャッチコピーです。

英語のキャッチコピーではありますが、わかりやすい単語と語呂の良さでキャッチーなものに仕上がっています。

愛は食卓にある。キユーピー株式会社

マヨネーズなどの調味料を生産する食品メーカー、キユーピーのキャッチコピーです。

主力製品である調味料が使われる場である食卓を家族で囲むような情景が浮かびます。シンプルながら印象的で覚えやすい秀逸なキャッチコピーです。

丸くなるな、星になれ。サッポロビール株式会社

サッポロ生ビール黒ラベルのキャッチコピーです。

サッポロビールの星のマークと、アルコールが飲めるようになり、おいしく感じられるようになる大人になっても、丸くなるなというシャレの効いたメッセージが込められた文句なく秀逸なキャッチコピーです。

おいしい記憶をつくりたい。キッコーマン株式会社

醤油を主力製品とする食品メーカー、キッコーマンのキャッチコピーです。

食品関連企業のキャッチコピー作りでは一番に候補に挙がってくる「おいしい」のキーワードですが、安易に使用するとオリジナリティのないキャッチコピーになりがちです。

陳腐にならずに企業の姿勢が伝わり、余韻を残す秀逸なキャッチコピーだといえます。

おいしい瞬間を届けたい株式会社ニチレイ

加工食品や水産・畜産事業を手がけるニチレイのキャッチコピーです。

上でご紹介したキッコーマンのキャッチコピーとおなじ「おいしい」から始まり、構造もよく似ていますが、受ける印象はかなり異なります。

冷凍食品を中心とする加工食品を主力とするニチレイの事業ドメインを考えると、特色のよく現れた秀逸なキャッチコピーといえます。

製造業(機械)

機械製品のメーカー3社のキャッチコピーをご紹介します。

「その機械には、血が通っていた。」/
「機械を買ってもらいたいのではない。チームを買ってもらいたいのだ。」株式会社小松製作所

建設機械・鉱山機械を生産する小松製作所から2つのキャッチコピーをご紹介します。

1つ目のキャッチコピーは、同社の機械が、現場のお客様の声からできたことを表現したものです。機械というと冷たい印象を受けますが、人のために作られた人のための機械なのだということをアピールし、温かみや親しみやすさを狙っています。

2つ目のキャッチコピーは、同社の機械が、単なるモノにとどまらず、一緒に仕事をする仲間として有用であることを訴求しています。

壁がある。だから、行く。株式会社クボタ

農業用トラクターや水処理装置などを主力製品とする機械製品のメーカー、クボタのキャッチコピーです。

同社の製品が、数々の課題解決に活用できることをうまく訴求した秀逸なコピーです。

ちなみに、ブランドステートメントは、For Earth, For Lifeとなっています。

兄よ、ジェイテクトって大丈夫?株式会社ジェイテクト

トヨタグループの大手機械・自動車部品製造会社、ジェイテクトの採用サイトのキャッチコピーです。ほかに「兄よ、ジェイテクトが、ヒーロー用変身スーツを開発したらしい。」など、就活中の妹から兄への質問のかたちを借りて、ジェイテクトの概要を紹介していく形式。

大手ながら知名度がそれほどないことを逆手に取ったうまい企画です。

製造業(車)

大手車メーカーのキャチコピーを2つご紹介します。

Be a Driver.マツダ株式会社

個性的なデザインと機能性の高さから、コアな車ファンの支持を集める自動車メーカー、マツダのキャッチコピーです。

マツダは、戦後、低価格の乗用車「クーペ」の人気やロータリーエンジン搭載車の量産成功の後、バブル最盛期に新販売体制の失敗からの低迷期を経て、2010年、すべての人に「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を届けるというコンセプトのもと新技術開発に取り組み、日本を代表するスポーツカー「ロードスター」をヒットさせています。

シンプルながら、車を運転する喜びをイメージさせる秀逸なキャッチコピーとなっています。

ゴキゲン♪ワーゲンフォルクスワーゲングループジャパン株式会社

フォルクスワーゲン(ビートル)を始め、現在は傘下に入っているアウディやロールスロイス、ポルシェなどの輸入販売を手がけているフォルクスワーゲングループジャパンのキャッチコピーです。

前述のマツダのキャッチコピーと同様、車の運転と楽しいイメージを組み合わせたキャッチコピーながら、カタカナ表記に絵文字を組み合わせ、親しみやすさとキャッチーさを前面に出しています。

製造業(化学)

化学製品メーカーから2つのキャッチコピーをご紹介します。

かがくの夢、くらしの中に。住友化学株式会社

住友グループの総合化学メーカーで、国内でNo.2の大手企業である住友化学のキャッチコピーです。住友化学では、石油化学製品やエネルギー・機能材料、半導体、医薬品などを製造販売しています。

キャッチコピーから化学(もしくは科学)関連企業であること、身近なところで使われる製品を扱っていることがうかがえるコピーとなっています。

ひらがなの使用により、やわらかさを出すとともに、「かがく」には科学の意味も込めたのではないかと考えられます。

ちなみに、コーポレートスローガンは、「豊かな明日を支える 創造的ハイブリッド・ケミストリー」です。

やさしさをつくる。やさしさでささえる。ユニ・チャーム株式会社

生理用品や紙おむつでおなじみのユニ・チャームのキャッチコピーです。ベビーケア、フェミニンケア、ヘルスケア関連製品では、日本国内のみならずアジアでシェアNo.1の大手企業であるユニ・チャーム。

肌に直接触れる製品が多いことからか、「やさしさ」というワードが2回使われ強調されています。韻を踏む効果も生まれています。

社長の高原 豪久氏は、2019年の世界長者番付で365位、国内では4位を獲得しました。

【参考記事】

製造業(医薬品)

医薬品メーカーの大手企業から2社のキャッチコピーをご紹介します。

イノベーションに情熱を。ひとに思いやりを。第一三共株式会社

国内で第3位、世界で第20位の医薬品メーカー大手の第一三共のキャッチコピーです。第一三共本体は医療用医薬品に特化しており、一般薬などはグループ企業である第一三共ヘルスケアが手がけています。一般薬では「ロキソニンS」「ガスター10」などが知られています。

「イノベーションに情熱を。ひとに思いやりを。」は、正確にはキャッチコピーではなく企業スローガン。2005年9月に三共株式会社と第一製薬株式会社とが経営統合したのを皮切りに、2006年4月にゼファーマの子会社化、2008年6月に印ランバクシー・ラボラトリーズ社を買収したものの、印サン・ファーマ社に事業譲渡と、度重なるMAを経て、国内外に30社以上のグループ会社を持つグローバル企業として成長しました。

2012年に全世界共通で「Passion for Innovation. Compassion for Patients.」となり、日本では「イノベーションに情熱を。ひとに思いやりを。」の翻訳版が使われています

すべての革新は患者さんのために中外製薬株式会社

がん治療用を中心に、骨・関節、腎臓などの医療機関向け医薬品を主力とする医薬品メーカー、中外製薬。タミフルの発売元でもあります。

多くの企業がキャッチコピーに採用するワード「イノベーション」を日本語に置き換え、かつ、社会的なミッションも盛り込んでいます。

こちらもキャッチコピーではなく事業哲学となります。ちなみに、スローガンは「創造で、想像を超える。」で、こちらも秀逸。

製造業(電気機器)

電気機器メーカー大手企業から2つのキャッチコピーをご紹介します。

Be Original.シャープ株式会社

ベルトのバックルの発明から金属加工業として創業し、シャープペンシルの発明、国産テレビ第一号の発売、業界初の日本語ワープロ「書院」や業界初のカメラ付き携帯電話の発売など、画期的な製品を生み出し消費者に支持されてきたシャープのキャッチコピーです。

シャープといえば、「目の付けどころが、シャープでしょ。」が長年、使用されてきましたが、2010年1月から「目指してる、未来がちがう。」が使われ始め、現在は「Be Original.」が使われています。

創業者である早川徳次氏の「まねされる商品をつくれ」という精神を表した秀逸なキャッチコピーだといえます。

英語表記のキャッチコピーを検討する際は、前述のマツダの「Be a Driver.」やシャープの「Be Original.」のような命令形スタイルをまねるのもひとつの手です。

進化する「はたらく」の真ん中に株式会社リコー

事務機器、光学機器を主力製品とするメーカー、リコーのキャッチコピーです。

複写機でカラー、モノクロとも国内トップシェアであり、小型複合機やファクスでも高いシェアを持つなど、OA機器に強みを持つことから、BtoBを意識したキャッチコピーを採用していると思われます。

「進化する」から、複写機のデジタル化で先陣を切ったとの自負もうかがえます。

製造業(繊維製品)

TIMELESS WORK. ほんとうにいいものをつくろう。株式会社三陽商会

マッキントッシュやポール・スチュワートなどのブランドを持つアパレルメーカー、三陽商会のキャッチコピー。2013年に設立70周年を迎えたことを機に、今後の方向性を社内外に示すために策定されました。

「timeless」には、永久の、時代を超越したという意味があり、時代を超えて残るような本当に良い衣料品をつくっていくという同社の姿勢が伝わってくるキャッチコピーです。

製造業(パルプ・紙)

Give&Give&Give株式会社イムラ封筒

国内最大手の封筒メーカーで、シェア2割強を持つイムラ封筒のキャッチコピーです。

トップシェアを持つ大手企業のものとは思えないほど尖った表現で、一度見たら忘れられない強烈さを放っています。

Give&Give&Giveには「全ての人に最高の付加価値を届け続ける」というフレーズが続き、同社の業務に対する決意を込めたキャッチフレーズなのだということがわかります。

創業から100年以上の歴史のなかでペーパーレス化という大きな困難を経験しながら、業界で唯一の上場企業としてトップシェアを守っている同社のアグレッシブな姿勢が伝わってくる秀逸なキャチコピーです。

製造業(石油・石炭製品)

Oil&Newコスモエネルギーホールディングス株式会社

TVCMなどで♪ココロも満タンに コスモ石油♪のサウンドロゴがおなじみのコスモエネルギーホールディングスのコーポレートサイトに掲載されているキャッチコピーです。

Oil&Newの後ろには、『石油のすべてを。次の「エネルギー」を。』というフレーズが続きます。

一見すると「Old&New」に見間違えてしまうこちらのキャッチコピー、実はそれも計算ずくのように思えます。

製造業(金属製品)

窓の、向こうへ不二サッシ株式会社

国内で初めてアルミサッシを製造し、サッシ類を主力製品とする大手建材メーカー、不二サッシのキャッチコピーです。

主力製品であるサッシを連想させる「窓」というキーワードを、現在から未来への境界(出口)として用い、ありふれた「未来」という表現を使わずに、将来性や期待感といったものを感じさせる秀逸なキャッチコピーとなっています。

心地よい余韻を残す、印象的なキャッチコピーです。

製造業(精密機器)

時代とハートを動かすセイコーホールディングス株式会社

創業から約140年の歴史を持つセイコー。一貫して時計の買い取りと修繕からスタートし、時計の製造・販売で事業を大きくしてきました。

実は、眼鏡メーカーとしても90年以上の歴史を持っていますが、時計と眼鏡に共通したフレーズではなく、ダイレクトに時計を連想させるようなキャッチコピーをつけたのは、自社の事業ドメインを時計分野と認識していることの表れでもありそうです。

製造業(その他製品)

これからも人間のそばを離れない株式会社トンボ鉛筆

鉛筆やボールペン、消しゴム、のりなどの文房具メーカーであるトンボの100周年記念サイトに掲載されたキャッチコピーです。社名のトンボは、製造していた鉛筆につけていたマークのなかから選ばれたもので、ほかに工場と橋のマークがあったといいます。

キャッチコピーは、社名になっている昆虫のトンボと、製品ジャンルである文房具の両方にかかっていて、「人間=お客様」と読み取れます。印象深くあたたかみのある秀逸なキャッチコピーです。

まとめ

業界別に秀逸なキャッチコピーをご紹介してきました。それぞれの業界ごとにカラーが表れていたのではないでしょうか。

キャッチコピーを作ろうと思うと、つい「未来」「明日」「イノベーション」といったワードを入れたくなるものですが、これらは非常に多くの企業で使用されているため、安易に採用するとオリジナリティの低い陳腐なキャッチコピーになってしまいます。

まずは、自社の事業ドメインについて掘り下げて本質を掴み、社内外に伝えたいメッセージを検討しからキーワード決めてみてはいかがでしょうか。

近年のキャッチコピーには、通常なら漢字で書くところをあえてひらがなやカタカナにする、最後に「。」をつけるといった傾向が見られます。こうした表現のトレンドに乗っかるか、あえて避けるかという点も、各社の戦略次第というところでしょう。

キャッチコピーは、広告・広報のクリエイティブのうちのほんの一部に過ぎませんが、短い一行にさまざまな意味や思い、メッセージを込めることができますし、受け取る側の印象も文字や記号ひとつが変わるだけで大きく変化します。

キャッチコピー作成の際は、ぜひ、細かい部分にまでこだわってみてください。

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

関連キーワード

おすすめ バナー

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング