エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

  1. TOP
  2. 広告
  3. レスポンシブ検索広告とは?クリック・CV10%増の広告クリエイティブ

レスポンシブ検索広告とは?クリック・CV10%増の広告クリエイティブ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/21
レスポンシブ検索広告とは?クリック・CV10%増の広告クリエイティブ

レスポンシブ検索広告とは、Google広告の一つで、あらかじめ登録しておいた広告文候補から適切な広告文を出し分け、ユーザーにより関連性の高いメッセージを表示する広告を作成できるという特徴があります。広告効果としては、クリック・CV10%増が見込めるといわれています。

Marketing Landの調査によれば、広告効果の75%は、広告クリエイティブ(広告文)に左右されるといいます。
Googleが提供する広告のクリエイティブは変化しており、2017年・2018年とクリエイティブの拡張のリニューアルがあり、広告文で訴求できる内容が増えました。

広告の歴史

そして2019年、日本でも最新クリエイティブ「レスポンシブ検索広告(ベータ版)」の対応が可能になりました。
こうした広告リニューアルに対し、常に最新のものを採用していくことが広告の成果の鍵を握ります。




※Web広告の種類を特徴ごとに比較した無料PDF資料をご用意いたしました。
 よろしければこちらも併せてご活用ください!

>「Web広告サービス比較12選」を無料でダウンロードする。

レスポンシブ検索広告とは?

レスポンシブ検索広告とは

改めて、レスポンシブ検索広告とは、Google広告の一つで、あらかじめ登録しておいた広告文候補から適切な広告文を出し分け、ユーザーにより関連性の高いメッセージを表示する広告を作成できるというものです。

時間の経過とともに、自動的にテストされたさまざまな組み合わせのうちで、どの組み合わせがもっとも効果的であるかが学習されるという効率的な広告です。

事前に登録しておける項目は以下の通りです。

登録項目

項目 最大文字数(半角) 登録可能数
広告見出し 30文字 最大15個(推奨4個以上)
広告説明文 90文字 最大4個(推奨2個以上)
URL 1個(固定)
パス 15文字 2個(固定)

レスポンシブ検索広告の効果

Googleの公式見解として、レスポンシブ検索広告の効果はクリック・コンバージョン数が現状数値より約10%増加見込めるとされています。

その他、大きく次の3つの効果があるといいます。

ターゲットの拡大

すべてのユーザーに合ったメッセージをAIで出し分けることができるため、今まで逃していたユーザーに対しても広告を配信できるようになり、配信ターゲットを拡大できます。

どのような広告が良いのかが明確である

どの広告が良いのか、どのような最適化が必要なのかが明記されており、それに沿って広告文を改善すれば良いため、よりスピーディな最適化が可能です。

クリック単価の低減

通常の広告文だけでは盛り込むことのできなかったキーワードにも幅広く対応でき、広告の品質が向上します。
このため、クリック単価を下げ、同一金額内でのクリック数をより獲得することができるようになります。

レスポンシブ検索広告の運用事例

ここで、実際に、レスポンシブ検索広告を導入・運用して効果を上げた事例を2件ご紹介いたします。

【建設業】A社

レスポンシブ検索広告の成果

建設業を営むA社ではリスティング広告を出稿していましたが、一部の登録キーワードにおいて広告の品質が低く、想定のクリック単価では広告が出稿されない状態でした。
品質向上のため、Webサイト・広告双方の質を向上させる必要がありました。

そこで、「レスポンシブ検索広告」を導入し、登録した複数のキーワードについて広告文内で言及できるようにしました。

この結果、品質スコアの判断基準である「ランディングページの利便性」「広告の関連性」のうち、「広告の関連性」の評価を同一期間で比較を行ったところ、平均より下が「53%」から「23%」へと低減しました。

【設備機器保守・点検業】B社

レスポンシブ検索広告の成果

設備機器保守・点検業を営むB社では、お問い合わせ率などは合格値を満たしていたものの、1クリック当たりの単価が安定せず、目標のお問い合わせ数に対して十分なクリック数を獲得することができていませんでした。

そこで、「レスポンシブ検索広告」を導入し、登録した複数のキーワードについて広告文内で言及し、品質の向上によるクリック単価の低減を目指しました。

この結果、従来の広告文と比較すると、クリック単価が「100円」から「55円」へと変動し、クリック数が「300」から「500」へと166%向上、コンバージョンが「3」から「5」へと166%向上しました。

まとめ

2019年に入ってから日本でも利用できるようになったレスポンシブ検索広告。
まだあまり耳慣れないという方もいらっしゃるかもしれませんが、自動的にユーザーにとって関連性の高い広告文に最適化してくれ、効果を学習してくれるという優れた広告です。

リスティング広告運用に課題をお持ちの方、伸び悩みを感じていらっしゃるマーケターの方には、特におすすめです。

「エムタメ!」を運営するMtame株式会社でもGoogleの広告運用支援やレスポンシブ検索広告の導入支援を行っております。ご興味が沸いた方は、お気軽にご相談ください。

記事を読んだだけでは
課題解決できなかった方へ

無料でエムタメ!のコンサルタントに
相談してみませんか?

エムタメ!では市場が抱えている課題をいち早く把握するため、テレビ通話にて現在抱えている課題共有頂き、無料で課題解決までのアドバイスを行っております。

WEBマーケティングの相談を
してみる(無料)

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

デジタルマーケティングのすすめ

デジタルマーケティングのすすめ

無料ダウンロード

関連キーワード

リスティング

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語

はじめての展示会出展までの道のりを描いたドッタンバッタン劇場

メールマーケティング