エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

登録企業の制作実績から作りたいサイトイメージを探せる!
TOP > 広告 > 参考にしたい!リスティング広告を活用して売上に繋げた事例

参考にしたい!リスティング広告を活用して売上に繋げた事例

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/11/16
参考にしたい!リスティング広告を活用して売上に繋げた事例

リスティング広告は、誰でも用途に合わせて小額から始められるネット広告として、広範に注目を浴びている商品です。

しかし、簡単に購入できる分、絞込みがしっかりしていなければ無駄な投資になりがちなため、その構造を理解して適切な金額を投入することが極めて重要にといえます。

そこで今回は、リスティング広告を活用して売上げに繋げることができた事例をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

リスティング広告

1.地域名を細かく設定する

まず、成功するリスティング広告は、対象となる商品やサービスを欲張らずにしっかり絞り込むことが基本となります。

これにより、キーワードの絞込みも確実に実現することができるようになり、無駄のない広告活用が可能となるからです。

ここまでは、リスティング広告を利用するクライアントの多くが考えることですが、実際に出稿する場合には、地域名を細かく設定することも重要になります。

とくに地域密着型の店舗やサービスの場合は、地域を細かく設定したリスティング広告の方が高い反応を見込めるからです。

ネット通販のように、全国の顧客に対応できるのであれば話は別ですが、リアルな店舗の顧客をネットから獲得するためには、商圏となる地域の絞込みの問題が必ず出てくることになります。

リスティング広告での地域設定には、次のようなやり方が考えられます。

・地名による指定

・ターゲット地域の半径による指定

・除外地域の指定

地域はそれぞれ単価が異なるため、細かく入札単価を調整する必要があります。

リアルなビジネスで想定しているターゲット地域が存在するのであれば、それに準じた絞り込みを行うことで、地域の絞り込みを行わずにリスティング広告を実施するよりも、高い効果を見込める広告の実施が可能になるのです。

こういった地域の絞り込みによって成功する事例は多くなってきています。

そのため、いかに無駄を排除し、集中と最適化を実現するかが重要と言えるでしょう。

2.ランディングページに注力してみる

リスティング広告というと、キーワードの選択だけに気を取られがちですが、実は効果的な広告を実現するためには、ランディングページをしっかりと作りこむことが極めて重要になります。

近年では、スマートフォンの普及により、ランディングページもスマートフォン対応になっていることが非常に大切なポイントとなってきています。

女性ユーザーの場合は、通販でも殆どがスマホからアクセスしてきますから、すべての情報とサービスをスマホで閲覧できるようにすることが、広告をさせるための大きな鍵となるのです。

そのため、スマホ用のランディングページを充実させることで、売上が飛躍的に拡大したという事例は非常に多くなってきています。

また、顧客にとって「ランディングページに必要な情報が過不足なく配置されているか」という点も非常に重要になってきます。

とくに、サービスや商品の告知を行う場合には、関係のない商品を含めた総合ページがランディングページでは高い効果が期待できません。

顧客が必要とする情報にダイレクトにアクセスできるランディングページを設けることが極めて重要だからです。

こうした設定は、すべてを顧客視点で設計し、検証してみることが必要です。頭の中で考えただけの設定は、顧客の利便性を欠いたものになりがちであることを改めて意識する必要があります。

3.最新の状況を常に掌握していることが必要

リスティング広告は、競合する企業の出稿需要によってキーワードの価格が大きく変化します。

また、非常に人気のあるキーワードの場合、少ない予算で結果を出すのは難しくなります。

しかし、地域などで絞り込みを行うと、その需要も変化する可能性があるため、リスティングの需給がどう変化しているのかについて、常に状況を把握していることが重要になります。

そのため、リスティング広告の専門会社を利用する場合でも、日常的に市場の状況を報告してもらい、最適な売買ができるようにしてくことが重要になるのです。

一回だけの需要の確認から、思い込みだけで売買をしてしまうと、最適化から外れてしまうことも多くなります。

このあたりは、こまめに情報を入手して把握しておくことが、リスティング広告を成功させるための鍵になると言えるでしょう。

4.リスティング広告は「掲載して終わり」では意味がない

リスティング広告は、大きな予算を組んで行えば様々な利用法が生まれます。

しかし、効率性という視点で考えた場合、最初から絞込みをしっかりしていくことが、費用対効果を高めるために重要な方法となるのです。

そのため、確実な成果を収めるためにも、ターゲットを絞り込み、商品やサービスも1つに絞ることで、確実な効果を出していくことが大切と言えるでしょう。

また、自社の商圏範囲を考え、もっとも効果が現れるエリアに集中して広告出稿できるように絞り込むことも大切になります。

そして、顧客視点に立ち、スマートフォンなどの重要なデバイスでもアクセスできるように配慮するといった準備が、大きな成果を生み出すことにつながるのです。

このように、リスティング広告を上手く活用するためには、常に最新の情報に触れて、キーワードの需給の変化などをいち早く掌握していかなくてはなりません。

競合他社を含めた需要を正確に掴むことができれば、より適切な出稿を選択できるようになりますので、ぜひ今回ご紹介したポイントを意識みてください。

リスティング広告については、下記の記事もご覧ください。

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

関連キーワード

リスティング

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング

最新記事