エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

登録企業の制作実績から作りたいサイトイメージを探せる!
TOP > ソーシャル > 新しいSNS「Sarahah(サラハ)」が急速に流行中!有名企業のCEOアカウントも多数

新しいSNS「Sarahah(サラハ)」が急速に流行中!有名企業のCEOアカウントも多数

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/02/01
新しいSNS「Sarahah(サラハ)」が急速に流行中!有名企業のCEOアカウントも多数

みなさんは普段、職場の上司に率直な意見を伝えたり、部下から率直な意見をもらえていますか?

相手に匿名でメッセージを送ることができるSNS系アプリ「Sarahah(サラハ)」。 いま、欧米・中東各国で人気を集め、日本ではInstagramやtwitterなどのSNSを通じて話題となっています。

今回は、このSarahahがどんなアプリなのか、またどんな使われ方をしているか、ご紹介します。

「Sarahah(サラハ)」とは?

相手に匿名でメッセージを送ることができるSNS系アプリです。

サウジアラビア発のSarahahは、ビジネス用途で活躍すると想定して作られたそうです。

アラビア語で「正直」「率直」を意味する、「Sarahah(サラハ)」。

公式サイトには、「あなたの同僚や友人から正直なフィードバックを得る」と、書かれているように、率直なフィードバックを得ることによって、自分では知らなかった自分の強みや改善点の発見に役立ちます。

 

受け取ったメッセージに答えるだけ。その送信者を知ることはできません。また、直接返信することもできません。

 

アラビア語版・英語版のみで、日本語版はありません。

 

アプリ公開当時は、中東の若者で大流行し、その後、アメリカ・イギリスなど多くの国で使われるようになりました。

日本では、2017年11月半ばからSNSを通して流行の広がりをみせています。

 

Sarahahは、同僚や友人から正直なフィードバックを得ることを目的として開発されていますが、日本では、SNS上(主にInstagramやtwitter)でメッセージや質問を募集し、Sarahahに届いた内容に答えるといった使い方が多くみられます。

 

公式サイト:https://www.sarahah.com/

 

 

有名ビジネスマンのアカウント

今回は、Twitterを例に気になる人物のSarahahをいくつかご紹介していきます。

 

まずは、Twitterでメッセージを募集します。

 

 

家入 一真(CAMPFIRE代表 /BASE取締役 / GMOペパボ創業)

Twitter:https://twitter.com/hbkr

株式会社paperboy&co.の創業者で、自身が29歳の時にジャスダック市場最年少で上場しました。
現在は、退任し、複数企業の取締役、様々な講演会を行っています。2014年には都知事選にも出馬した経歴の持ち主。

 

 

 

深津 貴之(THE GUILD代表)

Twitter:https://twitter.com/fladdict

日本を代表するUI/UXデザイナーの一人。
「TiltShiftGen」や「ToyCamera」などのiPhoneアプリを制作。

 

 

 

宮田 昇始(SmartHR代表)

Twitter:https://twitter.com/miyasho88

自身が代表を務めるSmartHRは、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の開発・運営を行っています。「SmartHR」はサービス開始から2年足らずで、利用企業数6,900社以上。急速に成長をみせています。

 

 

 

松本 龍祐(メルカリ執行役員/ソウゾウ代表)

Twitter:https://twitter.com/Ryo_mats

世界的にヒットとなった女性向けカメラアプリ「DECOPIC」。これを提供をするコミュニティファクトリーを設立した人物。2012年にヤフーに売却、100%子会社となりました。同社、アプリ開発室本部長を経て現在に至ります。

 

 

 

赤坂 優(エウレカ創業/投資家)

Twitter:https://twitter.com/yuakasaka

マッチングサービス「pairs」、恋人専用アプリの「Couples」を運営するエウレカの創業者。2015年、「Match」や「Tinder」や「Vimeo」などのサービスを運営する「IAC(Inter Active Corp)」にM&Aされたことが話題になりました。
現在は、代表を退き取締役顧問としてエウレカを支えています。

 

 

 

まとめ

今回は、Sarahahについてご紹介しました。

 

もともと、自分のことを知る人から率直な意見をもらったり、自分が知っている相手に意見を伝えることを目的として開発されたわけですが、このように日本では、Sarahahを投稿箱としてTwitter で質問やアドバイスを求めるやり方が主流のようです。

 

今回ご紹介した6人の内容は、ほんの一部になります。どれも、なるほどな!と、感じるものばかりでした。
他にも、Twitterで#Sarahahと検索するといろんなメッセージと回答を見ることができます。

 

今は個人で使ってる人が多いようなので、もしかしたら企業公式アカウントも続々出てくるかもしれませんね。

 

みなさんなら誰に、どの企業に、どんな質問をしてみたいですか?

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

関連キーワード

Facebook Instagram Twitter WEBサービス

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング

最新記事