エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

  1. TOP
  2. デザイン
  3. パントンが選ぶ2019年のトレンドカラー「リビングコーラル」はどんな色?

パントンが選ぶ2019年のトレンドカラー「リビングコーラル」はどんな色?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/04
パントンが選ぶ2019年のトレンドカラー「リビングコーラル」はどんな色?

パントン(PANTONE)は、デザイナーにとってはおなじみのカラーマッチングシステム(色見本帳)です。

世界的に有名なこのパントンが選出するその年のトレンドカラーは「カラー・オブ・ザ・イヤー」と呼ばれ、デザイン業界の流行や開発に影響を与えています。

この記事では、2019年のパントン・カラー・オブ・ザ・イヤー「リビングコーラル」をご紹介します。

カラー・オブ・ザ・イヤーとは?

「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー」は、色見本帳の販売やカラーマッチングシステムを提供する米PANTONE社が2000年より発表しているものです。

PANTONE社のカラーエキスパートが、トレンド分析をはじめ、色に影響を与える世界中のさまざまな領域(テクノロジー、素材、ソーシャルメディア、スポーツイベントなど)をチェックし、テーマカラーが毎年1~2色選定されています。

ちなみに、過去18年のカラー・オブ・ザ・イヤーは、下記のようになっています。新しい色との出会いもあり、カラー・オブ・ザ・イヤー振り返ってみるのもなかなか楽しいと思います!

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーの変遷

●2000年:セルリアン
●2001年:フューシャローズ
●2002年:トゥルー・レッド
●2003年:アクアスカイ
●2004年:タイガーリリー
●2005年:ブルーターコイズ
●2006年:サンドダラー
●2007年:チリペッパー
●2008年:ブルーアイリス
●2009年:ミモザ
●2010年:ターコイズ
●2011年:ハニーサックル
●2012年:タンジェリン・タンゴ
●2013年:エメラルド
●2014年:ラディアント・オーキッド
●2015年:マルサラ
●2016年:セレニティとローズクォーツ
●2017年:グリーナリー
●2018年:ウルトラバイオレット

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーの変遷

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーの変遷

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーの変遷

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤーの変遷

2019年のカラー・オブ・ザ・イヤー「リビングコーラル」

さて、肝心の2019年のカラー・オブ・ザ・イヤーは「リビングコーラル」といわれる色が選出されています。

PANTONE社の発表によると、リビングコーラルは「活気を与え人生を肯定するような、明るい将来を思わせるオレンジの色合い」「サンゴ礁が海洋生物にとっての栄養源でありシェルターでもあるように、活気がありまろやかさもある色。
暖かさと滋養で私たちを包み込み、つねに変化する環境の中で快適さと回復力をもたらす色」と解説されています。

化粧品などでもよく使われる、サンゴ礁のようなオレンジ味のあるピンクは、誰からも好感度が高く、温かな印象を与える色合いです。

2019年のカラー・オブ・ザ・イヤー「リビングコーラル」

画像引用元:PANTONE社の2019カラー・オブ・ザ・イヤー特集ページ

リビングコーラルのカラーコード

リビングコーラルの各種数値(TCXといわれるコットンファブリックへの印刷を想定した数値)は下記です。CMYKへの変換方法など、詳しい情報はPANTONE社のデザイナー向けツールのページで紹介されています。

PANTONE:16-1546 Living Coral
HTMLカラーコード:#FF6F61
RGB(TCX):R255, G111, B97
CMYK(TCX):C0, M65, Y54, K0

また、Adobe社のストックフォトサービス「Adobe stock」には、2019年のカラー・オブ・ザ・イヤー「リビングコーラル」を活用した素材が特集されており、リビングコーラルをデザインに取り込むことを後押ししています。

カラー・オブ・ザ・イヤーを手軽に活用するにはぴったりの素材がたくさんあります。

2019年のカラー・オブ・ザ・イヤー「リビングコーラル」

画像引用元:Adobe stock

リビングコーラルを使ったオススメの配色パターン

では、リビングコーラルはどのような配色で使うと効果的なのでしょうか?
PANTONE社の特集サイトでは、リビングコーラルを使ったいろいろな配色パターンが紹介されています。

(1)FOCAL POINT(焦点)

落ち着いた色合いのなかで、リビングコーラルを「注意を引くカラー」とし活用することで、控えめかつ高級感のある雰囲気を表現することができます。

FOCAL POINT(焦点)

(2)SHIMMERING SUNSET(きらめく夕焼け)

かがやく夕焼けの太陽のような華やかな配色。リビングコーラルが温かさや活気を感じさせます。

SHIMMERING SUNSET(きらめく夕焼け)

(3)SYMPATICO

世界中の肌の色合いを取り入れた配色パターン。柔らかく、温かい色合いを重ね、健康的な雰囲気を表しています

SYMPATICO

(4)TRIPPY

彩度の高い色を組み合わせた、奇抜さ・抑えられない楽しさを表現した配色です。

TRIPPY

(5)UNDER THE SEA

熱帯の海を思わせるような、鮮やかな海洋生物の生態系を思いおこさせる配色。サンゴ色がぴったりです。

UNDER THE SEA

画像引用元:PANTONE社の2019カラー・オブ・ザ・イヤー特集ページ

まとめ

カラー・オブ・ザ・イヤーは通常、前年の12月に発表されており、オリンピックイヤーである2020年の色合いがどのようなものになるのかも楽しみです。

配色のトレンドや、新しい色味との出会いにもつながるカラー・オブ・ザ・イヤーに、今後も注目してみてはいかがでしょうか。

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

デジタルマーケティングのすすめ

デジタルマーケティングのすすめ

無料ダウンロード

関連キーワード

Web制作 おすすめ

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語

はじめての展示会出展までの道のりを描いたドッタンバッタン劇場

メールマーケティング