エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

登録企業の制作実績から作りたいサイトイメージを探せる!
TOP > コンテンツマーケティング > お問い合わせがなかなか来ない!今のサイトで評価の高いページを見極めよう

お問い合わせがなかなか来ない!今のサイトで評価の高いページを見極めよう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/14
お問い合わせがなかなか来ない!今のサイトで評価の高いページを見極めよう

こんにちは。ラボブログ編集部です。
なかなかお問い合わせが来ない…とお困りのWeb担当者の方も多いのではないのでしょうか?
BtoB企業のWebサイトは商品(機能や価格など)を把握するために作成され、活用されている事が多くあります。

しかし、お問い合わせが来ないということは、自社のWebサイトのコンテンツが不足しており、お問い合わせまでつながっていないのではないでしょうか。

今回はBtoB企業においての購買プロセスを改めて認識していただき現在お問い合わせにつながっている評価の高いページを把握していただきます。

1.BtoB企業においてアイミツは必須

BtoB企業の購買プロセスは複雑で、情報収集をする人、社内調整を行う人、購入後利用する人そして意思決定を行う人それぞれの役割の人が購買活動に関わってきます。
また、役割によって必要な情報は異なり情報収集を行う人はより製品情報をが細かい方が、社内調整者は法務的立場でツールを導入できるのかや予算調整、そして利用者はより使いやすいのかなどデモ版などの使用感を欲していることが多くあります。

今や、BtoB企業でも営業マンをわざわざ呼んでツールの詳細を聞かずともインターネットで情報を集めることが当たり前になっています。

BtoB企業においてアイミツは必須

▲企業顧客による取引先変更状況に関する調査

その為困っていることに対して何か解決することのできるツールを複数個調査し、選定を行えるようになりました。
つまり、よりユーザーが「この会社アイミツ対象になるな」と認識してもらえるWebサイトにする必要性があります。

では、どういったページが現在お問い合わせにつながっている評価の高いページかどうかを把握することが重要です。

2.評価の高いページを把握する

①お問い合わせ(CV)ページの直前ページを把握する

お問い合わせページに来る直前のページを把握していますか?こちらはGoogleAnalyticsで知ることが出来ます。
調べ方は下記になります。

  1. 左メニュー画面から「行動」内の「サイトコンテンツ」から「すべてのページ」を選択
  2. 右画面の検索窓で自社サイトのお問い合わせページのURLを入れ検索します
  3. 検索後、ナビゲーションサマリーをクリックします。

評価の高いページを把握する

ナビゲーションをクリックすると、検索したお問い合わせページへ流入前のページと流入後のページを確認することが出来ます。

評価の高いページを把握する

ここで、どのページからお問い合わせページにつながっているか「キーコンテンツ」はどれかを把握することが出来ます。
弊社の場合で言うと、制作実績やお客様の声からの流入が多い事が確認することが出来ます。

またここでポイントとなることは、キーコンテンツ同士の横のつながりも行き来できるようなWeb設計を行うことが重要です。

②お問い合わせに至ったユーザーが閲覧したページを把握する

これもGoogleAnalyticsで知ることが出来ます。
調べ方は下記になります。
※前提条件として、コンバージョン設定を行っている環境での調べ方になります。

  1. 左メニュー画面から「行動」内の「サイトコンテンツ」から「すべてのページ」を選択
  2. 右画面「すべてのユーザー」をクリック
  3. 新しい画面が表示されますので「すべてのユーザー」のチェックを外し「コンバージョンに至ったユーザー」にチェックを入れます。

評価の高いページを把握する

適用ボタンをクリックすると、コンバージョン設定をしているページに至っているユーザーがどのページを見ていたのかを確認することが出来ます。
弊社サイトでは下記のようなページからお問い合わせフォームへ飛ぶようになっていました。

評価の高いページを把握する

ここで、ポイントとなるのは「ユーザーが評価するコンテンツ」への積極的な誘導がパフォーマンス強化のカギとなります。
多くの企業は商品情報を詳しく書いておけば理解してもらえるとカタログサイトのような形で作成されていることが多いですが、商品ページ以外でユーザーが評価するコンテンツこそが重要になってきます。

3.評価の高いページへの誘導方法

弊社では「お問い合わせボックス」を推奨しています。
全ページ共通でキーコンテンツへの誘導セットを作成することでページの横のつながりも強くなり、またCVにつながりやすくなります。

例えば、弊社事例ですと下記のようなお問い合わせボックスを作成されている方もいらっしゃいます。

評価の高いページへの誘導方法

お問い合わせボックスを作成することで、ユーザーが欲しい情報がどのページからも取得することが出来る為CV量の変化があります。

またこのお問い合わせボックスは通常のWebサイトのTopから下層へつながっていくような形から、メッシュリンク構造のWebサイト内のリンクを設定できるためSEO上の強化が出来ます。

評価の高いページへの誘導方法

4.まとめ

異常が現在のWebサイトの中で評価の高いページを把握し、また活用する方法になります。
お問い合わせが少ないからと言ってやみくもにWebサイトの更新を行っても、必ず成果が出るというわけではありません。 現状を把握し、必要なコンテンツを増やすことが大切です。

またお問い合わせボックスの中身もどのページに遷移させればいいのか作成方法はどうするのかをお考えの方はぜひ弊社までお問い合わせいただきますようよろしくお願いします。

Webサイト全体の診断を無料で行いますので総合案内よりご連絡ください。

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

関連キーワード

GA 分析

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング

最新記事