エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

Bow Now
 >  > 新米WEB担「WEB制作会社に違いとかなくない?一番安い会社にしよっと」【第2話】

新米WEB担「WEB制作会社に違いとかなくない?一番安い会社にしよっと」【第2話】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/27

突如、会社のWEBサイトリニューアル担当となった青木。
上司:谷のアドバイスで、制作会社への発注に向け「RFP(提案依頼書)」を作成した。

「これさえ業者に渡せば完璧なWebサイトができあがる~♪」と余裕を見せるが、果たして…?

【前回までの話はこちら】
新米WEB担「よっしゃ!この古臭いホームページとも、やっとおさらばできる!」【第0話】
新米WEB担「やっぱ今はデザインっしょ!かっこいいサイトにすればPV増えそう!」【第1話】

RFPつくったし、これで完璧だ!

前回、数時間をかけてRFPを作成した青木。

RFPつくったし、これで完璧だ!

 

青木1人で埋められなかった項目を上司:谷にも手伝ってもらい、ようやく完成させたものだ。

できあがったRFP

できあがったRFPを総務部内にも共有したところで、ふと気づいたことがあった。

青木

あ!!そうだ、『業者』を探さないと…!!

業者ってどうやって探せばいいの…?

青木は、入社してから今までの発注経験を振り返ってみた。

青木

新サービスをリリースしたときに発注したカタログとパンフレットでしょ、あと既存のお客様に送ったDMでしょ…。あのときは、相見積を取って一番安い業者に決めたんだよね。。
まぁ、Webも同じでしょ。一番安い会社にしよっと!

青木は、一番安くWEBサイト制作を受けてくれる業者を探すべく、「WEB制作」で検索してみた。

青木

わ!たくさん出てくる…。じゃあ“格安”で絞り込もう…。って、え!?それでも、まだ大量に出てくるんだけど!一体、どうすればいいの~!?!?!?

業者の違いなんてわかんない…

パニックに陥りそうになった青木のもとへ、タイミングよく上司:谷がやってきた。

上司:谷

上司

どうした青木?そんな顔して、腹の調子でも悪いのか~?

青木

違いますっ!(しかも、どんだけ昭和なツッコミ…?)
WEBサイトリニューアルを発注する業者を探してるんですけど、たくさんありすぎて、どこが一番安いのかわからなくて困ってるんです!

上司

一番安いところって…おまえ、そういう探し方してるのか?
もしかして、安けりゃいいと思ってる?それじゃ、RFP作った意味がないだろ。そもそも、今回リニューアルをする意味は何?いつも目的に立ち返らないと。

青木

うぅ…(また怒られたぁっ!)

天の声
【解説】(天の声)

WEB制作を発注する業者を選ぶ際、青木さんのようにネット検索から探すケースは多いと思います。

そのとき、検索ワード選びで注意しなければならないポイントがいくつかあるので、ご紹介しましょう。

■検索ワード選びのポイント

①専門的な用語や業者選定で気になるワードを盛り込む
→こうすることで、特定のつよみや特長を持ったWEB 制作会社を見つけることができます。

【例】

  • Web制作 CMS
  • Web制作 レスポンシブ
  • Web制作 運用サポート
  • Web制作 CVの高い

②WEBサイトに関する悩みからワードを盛り込む
→お悩みベースで検索をすることで、解決策のノウハウを持っているWEB制作会社を見つけることができます。

【例】

  • レスポンシブ メリット デメリット
  • BtoB Webサイト 必要なページ数
  • EFOとは
  • CMSの種類 無料 有料

③サジェストで出てくる「ランキング」「一覧」「おすすめ」などに引っ張られないようにご注意
→検索エンジンに「WEB制作」と入力した際にサジェスト(推測ワード)で出てくる「ランキング」「一覧」「おすすめ」などは「比較サイト」と称したサイトを業者が作っているケース(=広告)も考えられるので、内容が本当に第三者目線なのかは疑わしいと考えてください。

また、さまざまなジャンルのBtoB業者を集めたポータルサイトで、希望条件に合った業者へ一括見積りを依頼することもできます。
その中から自社に合ったWEB制作会社を探せば、手間が省けるのでおすすめです。

【例】

WEB制作会社は大きく4つのカテゴリに分類でき、それぞれ、得意・不得意な分野があります。
リニューアルの目的に応じたカテゴリから制作会社を選び方もあります。

WEB制作会社4つのカテゴリ

コンペなどで声をかける制作会社を探すときには、制作実績やお客様の声などを確認すると良いでしょう。

詳しくは、下記の記事をご覧ください。
成果を出すためのホームページリニューアルとは!?~制作会社の選び方~

最近では、運用コストを抑えながらスピーディに自社でWEBサイト更新ができると人気が高まっているCMSツールを検討する企業も多いかと思います。
一口にCMSツールといっても「Word Press」のような無料ツールから「Sitecore」のような高価なCMSまで幅広く、提供業者によってもただ構築のみ行うところから戦略策定まで行ってくれるところまでさまざまです。

CMSツール選定時に大切になってくるポイントは、下記の6つです。

  • 1.更新性
  • 2.デザイン
  • 3.サポート
  • 4.セキュリティ
  • 5.拡張性
  • 6.ライセンス費

詳しくは、下記の記事をご覧ください。
BtoB企業がCMS選定時にチェックすべきポイントとは?

コンペや相見積りを行ったら、候補社の中から最終的に1社を選ぶわけですが、その際に役立つのが「業社比較シート」です。

各社でバラバラの項目の見積書を比較してもわかりにくいため、基準を統一してそれぞれの業者を評価することで、優劣をつけたりどこが一番ニーズに合っているかを見極めたりすることができます。

見つかった!この会社にしよう!

青木は、上司:谷から、業者に一括で見積りを依頼できるポータルサイトを教えてもらい、RFPから条件を絞り込んで見積りを依頼した。

すると、以下の4社から提案書と見積りが届いた。

ハローマーケティング株式会社

マーケティングを重視した収益の出るWEBサイト制作に定評がある。
CMSを採用したシステムで更新も簡易的にできるとのこと。

株式会社オールフリー

とにかく制作費の安さが魅力!
ただし、安い分、サポートなどの保守サービスは提供していない。

藤沢デザイン事務所

デザイン力の高さをウリにしている小規模な制作会社。
パンフレットやカタログなどの紙媒体もデザインから印刷までを請け負ってくれる。

Strength Solution Systems株式会社

親会社が老舗のシステム会社のため、サーバー周りから一手に引き受けてくれる。
その分、制作実績は他と比べて少なく、デザイン面も少し心配。

コンペ業者

 ※この物語は架空のものであり、実在の人物や企業とは一切関係がありません。

谷とともに各社からプレゼンを受けた青木。
この4社から1社を選び、契約しなければならない時期となった。

青木

うーん…どこも一長一短で選びにくいなぁ。どの会社が一番良いんだろう…。テキトーに選ぶと、また谷さんに突っ込まれるからなぁ。こういうときは、Google先生に質問っと

ふたたび、ネットの海に泳ぎ出た青木は、「業社比較シート」なるものと出会った。

青木

これは便利かも!左の項目を埋めていけばいいのね

青木は、業社比較シートに4社の内容を記入していった。

――数時間後。

青木

ふぅ…意外と大変だったな。でも、これで頭の中が整理できた!
業者は・・・・・ハローマーケティングに決定~っ!!

ハローマーケティング

レスポンシブ対応や全ページ簡易更新ができてページの複製も可能な独自開発CMSのほか、マーケティングに強く専任コンサルタントが付くというメリットへの費用対効果に、一番期待が持てたことが決め手となった。

業社比較シート

青木

業者も決まったし、あとはこの会社にRFP通りのホームページを作ってもらえばいいだけだー!お疲れ、私!

業者が見つかり安心しきっている青木だが、リニューアルサイト公開までに青木の前に立ちはだかる壁はまだまだ厚いのであった。

青木

つづく。

次の話

【第3話】新米WEB担「社内根回しが重要!契約までのステップを確認しなきゃ!」

前の話

【第1話】新米WEB担「やっぱ今はデザインっしょ!かっこいいサイトにすればPV増えそう!」

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

メールマーケティング

最新記事