エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

  1. TOP
  2. マーテック
  3. 今、一番使われているCMSトップ20位を発表。国産CMSでは1位:ShareWith、2位:Movable Type、3位:Blue Monkeyという結果に!

今、一番使われているCMSトップ20位を発表。国産CMSでは1位:ShareWith、2位:Movable Type、3位:Blue Monkeyという結果に!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/11
今、一番使われているCMSトップ20位を発表。国産CMSでは1位:ShareWith、2位:Movable Type、3位:Blue Monkeyという結果に!

Web制作の知識のない人でも、簡単にWebサイトが更新できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)。WordPressなどのオープンソースから、国産・海外発の独自CMSまで、さまざまな選択肢がありますが、他の企業はどのCMSを使っているのか、気になったことはありませんか?

今回は、上場企業3,680社(2020年8月末時点)が保有しているWebサイト1万3,306URLを対象に調査された、最新の「CMSの導入数ランキング」をご紹介します。CMSの導入を検討している方は、ぜひ参考にご覧ください。

1.最新!上場企業CMS導入数ランキング 
(2020年9月)

この記事では、株式会社DataSignが発表した「DataSign Report 上場企業 CMS調査 2020年9月版」より、上場企業のCMS導入数最新ランキングをご紹介します。

調査対象は、上場企業3,680社(2020年8月末時点)が保有しているWebサイト1万3,306URLで、クローリングによる各種CMSの検出結果がまとめられています。ツール検出数ランキングは以下の通りです。

CMS導入ランキング

<上場企業のCMS導入数ランキング上位20位>

調査日:2020年9月14日

検出されたCMSサービス:38

【1位】 WordPress 
(3,003件)

https://wordpress.com/

ソースコードが無償で公開される「オープンソース」ソフトのCMS。無料で使える手軽さと、カスタマイズの多様性が人気。

【2位】 ShareWith
(123件)
★国産CMS第1位★

http://www.share-with.info/jp/

野村インベスター・リレーションズ(株)が提供するCMSツール。「IRに強い」を特長としており、決算短信を更新自動化機能などがあります。

【3位】 Movable Type 
(111件)
★国産CMS第2位★

https://www.sixapart.jp/movabletype/

シックス・アパート社が開発・提供するCMSプラットフォーム。クラウド型やオンプレミス型など、プランの選択肢も豊富にあります。
アメリア発祥ですが、2011年2月には米国Six Apartから事業と商標を日本のシックス・アパートが継承しているので国産CMSとしてます。

【4位】 Drupal 
(92件)

https://www.drupal.org/

拡張モジュールを追加して機能を増やせるCMS。デフォルト言語は英語ですが、44ヵ国語で利用可能で、多言語サイトも制作可能です。

【5位】 Blue Monkey 
(51件)
★国産CMS第3位★

https://bluemonkey.jp/

クラウドソフトのため、セキュリティは運営会社で一括管理されており、Webサイト担当者の負担を軽減。見たまま編集が可能で、CMSに不慣れな担当者にもわかりやすい機能が特長です。

※専門知識がなくても簡単に更新ができる国産CMS、BlueMonkeyの概要資料はこちら▼

>CMS BlueMonkey概要資料

【6位】 Adobe Experience Manager 
(48件)

https://www.adobe.com/jp/marketing/experience-manager.html

人工知能(AI)と機械学習を利用し、顧客に最適な体験を提供するAdobe社のコンテンツ管理システム。

【7位】 NOREN 
(46件)

https://noren.ashisuto.co.jp/

表示速度が早く、セキュリティに強い、大規模サイト向けCMSです。

【8位】 DotNetNuke 
(41件)

https://www.dnnsoftware.com/

ドットネットヌークは、カナダで開発されたオープンソースCMS。CMSの利用自体は無料。フリー機能もあるため、比較的安価に構築が可能。

【9位】 TYPO3 
(37件)

https://typo3.org/

フリーのオープンソースCMS。既存のテンプレートを選択して、ロゴ、色およびフォントなどの特徴を変更することができるほか、エクステンションで柔軟性と拡張性を追加できることが特長です。

【10位】 RCMS 
(34件)

https://www.r-cms.jp/

豊富な標準機能と、将来の拡張性が高いことが特長。ECサイトや多言語サイトへも対応できます。

順位 企業名 導入数 URL
11位 a-blog cms 28件 https://www.a-blogcms.jp/
11位 Site Miraiz  28件 https://www.sitemiraiz.jp/
13位 infoCMS 27件 https://www.infocms.jp/
14位 SITEMANAGE 26件 https://www.sitemanage.jp/
15位 SITE PUBLIS 25件 https://www.sitepublis.net/
16位 BiND 22件 https://bindup.jp/
16位 concrete5 22件 https://concrete5-japan.org/
16位 Vibit CMS 22件 http://www.vibitcms.com/
16位 はてなブログMedia 22件 http://www.hatena.ne.jp/contentmarketing/blogmedia
20位 Jimdo 18件 https://jp.jimdo.com/

上記の調査結果を見ると、オープンソースソフトであるWordPressが、圧倒的シェアを誇っていることがわかります。しかし、オープンソースソフトは、バージョンアップなどの保守管理や、セキュリティ対策は自身で行わなければならないため、Webに関するある程度の知識が求められます。また、最近では、安全性への不安から、大手企業でWordPress利用を控える動きも出てきています。

ランキングを国産CMSに限ると、1位:ShareWith、2位:Movable Type、3位:Blue Monkeyという結果となりました。オープンソースソフトの人気に対し、国内ベンダーが提供するMAツールは、日本企業の実情に合わせた機能や手厚いサポート、セキュリティ対策などの安全面を強化し、差別化を図っています。

前回の調査結果

前回(調査日:2019年6月21日)の調査結果は、次の通りです。

12位Site Miraiz 31件https://www.sitemiraiz.jp/
順位 企業名 導入数 URL
1位 WordPress 3272件 https://wordpress.org/
2位 Movable Type 124件 https://www.sixapart.jp/movabletype/
3位 ShareWith 94件 https://www.share-with.info/jp/
4位 Drupal 88件 https://www.drupal.org/
5位 Adobe Experience Manager 62件 https://www.adobe.com/jp/marketing/experience-manager.html
6位 Blue Monkey 53件 https://bluemonkey.jp/
6位 NOREN 53件 https://noren.ashisuto.co.jp/
8位 DotNetNuke 46件 https://www.dnnsoftware.com/
9位 はてなブログMedia 35件 http://www.hatena.ne.jp/contentmarketing/blogmedia
10位 RCMS 34件 https://www.r-cms.jp/
11位 TYPO3 33件 https://typo3.org/
12位 SITE PUBLIS 31件 https://www.sitepublis.net/
14位 Vibit CMS 29件 http://www.vibitcms.com/
16位 BiND 27件 https://bindup.jp/
17位 concrete5 25件 https://concrete5-japan.org/
18位 Jimdo 24件 https://jp.jimdo.com/
18位 Sitecore 24件 https://www.sitecore.com/ja-jp
20位 a-blog cms 28件 https://www.a-blogcms.jp/

2.まとめ

1位に君臨するWordPressのように、オープンソースソフトの人気はいまだに高いですが、世の中のインターネットセキュリティ意識の高まりから、大手企業では特に国産CMSを選ぶ企業が多い傾向にあるようです。

「Webサイトは作ってからが本番」といわれるように、Web制作にかかるコストは、制作時の料金の高低だけでなく、将来的な運用・保守管理のコストの見通しをもって考えなければなりません。さまざまなツールを比較し、自社にあった安心できるCMSツールを選びましょう。

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

デジタルマーケティングのすすめ

デジタルマーケティングのすすめ

無料ダウンロード

関連キーワード

人気 Web制作 おすすめ CMS

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語

はじめての展示会出展までの道のりを描いたドッタンバッタン劇場

メールマーケティング