エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

Bow Now
TOP > コラム > Chromeユーザー必見!「VIVALDI」というWEBブラウザが便利

Chromeユーザー必見!「VIVALDI」というWEBブラウザが便利

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/06

今回は新しく開発された「VIVALDI」というWEBブラウザを紹介いたします。

「VIVALDI」を紹介する前に、現在の読者の方をはじめ、利用中のWEBブラウザをよくわからず"Firefox"や"Google Chrome"を利用しているのではないでしょうか。

日本国内の日本のWEBブラウザシェアは下記画像の通りです。

日本のWEBブラウザシェア(2017年4月-2018年4月)

日本のWEBブラウザシェア(2018年4月-2018年5月)

現在は『より速く、安全にウェブを閲覧』を謳うGoogle Chromeがシェアを伸ばしており39.85%を占めています。

VIVALDIは動きサクサク、2画面表示、タブの冬眠など色々な機能が満載です。本記事を読んだらダウンロードしたくなるような機能をいくつか紹介していきます。

 

1.「VIVALDI」とは?

VIVALDIとはBlink(レンダリングエンジン)ベースで開発されたWEBブラウザです。

元々、OperaのWEBブラウザに携わっていたヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナーが設立した会社のブラウザです。

Blinkをあまり好意的に思っていないヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナーなので、レンダリングエンジンは変更される可能性はあるようです。

 

VIVALDIが他のブラウザとは違う一番のポイントは『カスタマイズ』です。

カスタマイズはVIVALDI紹介動画でもご覧いただけます。

 

 

なので、VIVALDIは有能なエンジニアが開発したカスタマイズに富んだWEBブラウザです。

 

 

 

2.「VIVALDI」のココがすごい!

Google Chromeを利用している方ならこんなお悩みが今まで合ったのではないでしょうか。

 

  • タブを開きすぎてゴチャゴチャになってしまう
  • タブの開きすぎてメモリがが大変なことに…
  • 間違えて消したタブを復活させるのが面倒 など

 

他にもたくさんあると思いますが、VIVALDIなら解決できるんです!かなり機能満載ですが、抜粋して紹介します。

 

 

 

3.「VIVALDI」の使い方

vivaldiに関する機能の使い方をご紹介します。

vivaldiにはデフォルトでも様々な機能が実装されており、さらにはカスタマイズすることでより高いパフォーマンスを発揮することができます。

例えば、こんな機能があります。

  • スピードダイヤル
  • サイドパネル
  • タブスタッキング
  • マウスジェスチャー
  • スクリーンショット
  • ページに適応したインターフェイスカラー

などなど、、、

今回はその中から、筆者が実際に利用して便利だと思う機能を抜粋して5つご紹介します。

 

3-1.タブスタッキング機能

「タブを開きすぎてゴチャゴチャになってしまう」という悩みはこれで解決できます。

タブをドラックして重ねるとタブの中にタブが入る機能が実装されています。下記参考画像です。

 

vivaldi_16.jpg

 

画像の通り、いくつか開いているタブを他のタブ内に入れてひとつのタブとして整理することができます。

カテゴライズや、種類が自分の中で決まっている方はまとめて管理ができるようになるので、
見た目のすっきり感はかなり変わります。

 

 

 

3-2.タブの冬眠機能

タブの管理ができるようになっても、「タブの開きすぎてメモリがが大変なことに…」となっては意味がありません。

タブを開きっぱなしにしているとブラウザ自体がどんどんメモリを消費してしまい、最悪クラッシュしてしまいます。 

本ブログもブラウザで管理しているので、クラッシュした時の絶望感は今思い出しただけでも震えます…。

 

そんなことは「タブの冬眠機能」で2度と起こさないようにできます。

タブ自体は閉じずに、タブを冬眠させることでメモリ消費を抑えることができます。

「クラッシュしないブラウザ」と言っても過言ではない機能ですね。

 

 

 

3-3.ごみ箱機能

「間違えて消したタブを復活させるのが面倒」筆者は一日に何度か起こしてしまう事象です。

履歴出して戻すのも億劫になったり、また読もうと思ったときにはタブは消されていて、探すのが大変だったり、意外と要望のある機能では無いでしょうか。

ごみ箱機能は、閉じたタブやブロックされたポップアップの復元が簡単にできてしまう機能です。

地味ですが、使ってみると便利です。


3-4.高速・簡単スクリーンショット

Web製作に関わるディレクター、技術者からWebサイトのマーケティング担当者まで多くの人がクライアントへの提案やWebサイトの印刷して上司に報告したり、、、と様々な理由でWebサイトのスクリーンショットを”綺麗に””早く”欲しいのにうまくできないと悩んだ事がある人も少なくはないかと思います。

Chromeユーザーなら拡張機能も非常に良い便利なのですが、グローバルナビやアイコンなどがスクロールするとついてくるサイトで利用すると 最終的な出来上がりが崩れてしまったり、ページの長いサイトでは時間がかかったり作業がストレスになってしまうことも。。。


vivaldiならなんと”ボタン一発”でスクリーンショットが取れます!


なんとvivaldiならスクリーンショット機能がデフォルトでついていて さらに、高速で綺麗に取得する事ができるんです!(デフォルトの機能だからって侮ってはいけません。)

スクリーンショットを利用は 画面の右下にある”カメラのアイコン”から以下の大きく分けて2パターンから選ぶだけ。

  • ページ全体を取得する
  • 選択範囲を取得する

それぞれ、「jpg」「png」の画像としては保存する方法とクリップボードにコピー(後で画像として編集、貼り付け)が選択できパワーポイントなどの資料にも高速で作業ができます。

この機能で資料やレポートの作業は捗ること間違いなしです!

 

 

3-5.マウスジェスチャー

実は意外とこの機能が一番重宝している機能です。
マウスジェスチャーはマウスの右クリックを押しながら、マウスを動かすことでページを更新、進む(戻る)、閉じたタブを復元するなど簡単に実行する事ができる機能です。

もちろんカスタマイズ可能で(慣れるまで少し時間がかかりますが)自分だけの快適なWeb閲覧ライフを送ることができます。


特に活用しているのが次の2種類あります。
①「履歴を戻る」「履歴を進む」
→いちいち左上の戻るボタンを押さなくてもいい。
〜 操作方法〜
右クリックをしたまま、
「→」に動かすことで”進む”
「←」に動かすことで”戻る”
たったこれだけです。

 

②「タブを閉じる」「閉じたタブを開き直す 」
→よく間違ってタブを消してしまったりすることが結構あります。
〜 操作方法〜
右クリックをしたまま、
「↓」 「←」に動かすことで”タブを閉じる”
「↑」「→」に動かすことで”閉じたタブを開く”

 

始めは慣れないところもありますが、慣れてしまえばすごい便利です。
もはや、違うブラウザを利用中でも間違って、このジェスチャーをやってしまうほどです。(笑)

カスタマイズも試してみれば、周りから注目されるあなただけの快適なWeb閲覧ライフが待っています。

 

 

4.「VIVALDI」のダウンロード

VIVALDIは公式サイトからダウンロードができます。

 

VIVALDIサイトへ

 

.exeファイルをDL後に初期設定を行うのですが、UIが今っぽくてわかりやすいです。

 

vivaldi_04.jpg

 

vivaldi_05.jpg

 

vivaldi_07.jpg

 

また、チュートリアルがyoutubeにあがっていて、30秒ほどで見終わる動画なので、事前に見ておくことをおすすめします。

 

 

 

5.最後に

VIVALDIはローンチしてからまだまだ短いサービスですので、これからどんどん機能を増やしたり改良が進むと考えられます。

 

ブラウザも色々な種類が出てきていますが、自分好みのブラウザを利用するのが一番ですので、VIVALDIも試してみてはいかがでしょうか?

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング