エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

  1. TOP
  2. コラム
  3. オンライン会議(Web会議)・オンライン商談ができる無料ツールをご紹介!「Zoom(ズーム)」と「Whereby(ウェアバイ)」の使い分け方

オンライン会議(Web会議)・オンライン商談ができる無料ツールをご紹介!「Zoom(ズーム)」と「Whereby(ウェアバイ)」の使い分け方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/05
オンライン会議(Web会議)・オンライン商談ができる無料ツールをご紹介!「Zoom(ズーム)」と「Whereby(ウェアバイ)」の使い分け方

オンライン会議(Web会議)・オンライン商談とは、インターネットを通じておこなう会議のことで、会議室に集まらなくても各々別の場所から参加できることでリモートワークや生産性向上、働き方改革などの側面から注目されています。

今回は、まずは無料のツールを使ってオンライン会議やオンライン商談に取り組んでみたいと思っている方におすすめのサービスをご紹介します。

オンライン会議(Web会議)・オンライン商談とは?

オンライン会議(Web会議)とは、関係者が集まり、議題について話し合い結論を出すことが目的です。

オンライン商談と比べ、複数人の参加が想定されるため、無料ツールの選定には参加人数の上限を確認しておく必要があります。

オンライン商談とは、営業活動を目的とした打ち合わせを指し、主に新規顧客や新規商材を提案する場合を指します。

信頼感を損なわないように、通信が安定していて、制限時間がないツールを選ぶといいでしょう。

例えば、Zoomというサービスの場合、最大100名まで接続できますが、グループミーティングは無料プランだと40分までとなっており、制限時間を越えると通信が切れてしまいます。

逆に、Wherebyの無料プランは4名までしか接続できませんが、接続時間の制限がないのが特長です。(画面共有機能は20分まで、制限時間後に再び使用可能)

目的によって最適なツールが変わりますので、自分が利用したいと思っているシーンを思い浮かべて選ぶようにしましょう。

必要な機能

オンライン会議やオンライン商談に必要な機能をまとめてみました。

基本機能とあると便利な機能を分けてまとめています。

ツールを選定するときには基本機能は押さえられているものを選びましょう。

基本機能

音声・映像通信

音声や映像の通信にタイムラグがなく、ストレスなく使えるものか。

同時に通信できる人数は必要数に足りているか。

画面共有

アプリケーションを入れなくても双方の画面を共有できる機能はあるか。

ファイル共有

提案時に使った資料や、話し合いの中で必要になった資料をスムーズに送ることができるか。

あると便利な機能

チャット

音声の接続不良が起こった時のコミュニケーションツールとして、議事録として使える。

ホワイトボード

ホワイトボードのように図形化した方が伝わりやすいときに使える。

録音・録画

会議や商談の記録として。商談の場合、社員研修のコンテンツとしても使える。

フィードバック

商談の場合、通信終了後にアンケートで満足度などのフィードバックをもらえる仕組みがあると、オンライン商談の品質向上に役立つ。

無料で使えるツール

アプリケーションのダウンロードなしで使えるおすすめのツールを2つご紹介します。

(どちらもタブレットやスマートフォンなどの端末では専用アプリのダウンロードが必要です。)

どちらもアカウント登録は主催者のみ必要となりますので、事前に登録しておく必要があります。

Zoom(ズーム)

日本語対応あり5名以上のミーティングの場合におすすめ

オンライン会議に向いているが、少人数でのオンライン商談では時間を気にする必要がある

無料プランで使用できる機能

音声・映像通信
1対1の通信時間 無制限
1対複数の通信時間 40分
同時接続人数 100名まで
画面共有
ファイル共有
チャット

※パソコンとタブレット・スマートフォンでは一部使える機能が異なります。

Whereby(ウェアバイ)

日本語対応なし4名以内のミーティングの場合におすすめ

オンライン商談には向いているが、人数が多い場合や不明確なときには不向き

無料プランで使用できる機能

音声・映像通信
1対1の通信時間 無制限
1対複数の通信時間 無制限
同時接続人数 4名まで
画面共有 〇(無料プランでは20分まで)
ファイル共有
チャット

※パソコンとタブレット・スマートフォンでは一部使える機能が異なります。

まとめ

結論、オンライン会議は「Zoom(ズーム)」が、オンライン商談には「Whereby(ウェアバイ)」が向いていると思います。

ただし、Wherebyは日本語対応していないので、不信感を抱きそうな方へは別ツールの方がいいでしょう。

無料ツールでオンラインでの会議や商談に慣れれば本格的に導入しようという流れになると思いますが、有料のツールも検討に入る場合は便利なサービスがたくさんありますので他にも調べてみてください。

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

関連キーワード

人気 WEBサービス おすすめ

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語

はじめての展示会出展までの道のりを描いたドッタンバッタン劇場

メールマーケティング