エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

理想動画制作会社

スグ見つかる!

動画を探す

movieprint
MoviePrint
TOP > 広告 > リスティング広告の効果を高めるために知っておきたいテクニック

リスティング広告の効果を高めるために知っておきたいテクニック

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/09/21
リスティング広告の効果を高めるために知っておきたいテクニック

リスティング広告は掲載までの期間がスピーディーであり、かつターゲティングなどの設定が自由というメリットがあります。一方で、費用がかかるため、効果が出ないと大きな損失になってしまうというリスクも秘めています。

そこで今回は、リスティング広告の効果を高めるためのテクニックに付いて、基本的な部分を考えていきましょう。

1.上位表示のための品質スコア向上

基本的に、リスティング広告の掲載位置というのは上位にあればあるだけクリック数が多くなり、その分効果も挙がりやすいと言われています。そのため、いかに上位表示をさせるかが効果を高めるポイントになるのですが、そのための施策にはどのようなものがあるのでしょうか?

大前提として、リスティング広告の表示位置は、Google AdWordsの場合ですと、上限クリック単価と品質スコアによって決定されます。前者については予算次第ではありますが、競合よりも高い値をつけるだけのシンプルなものなので深く考える必要はありません。問題なのは品質スコアです。

品質スコアの3つの基準

まずは自社の広告がどの程度の評価なのかを知る必要があります。たとえばGoogle AdWordsの場合は、キーワードごとのステータスにある吹き出しをクリックすることで品質スコアが確認できます。

このスコアというのは、「推定クリック率」「広告の関連性」「ランディングページの利便性」という項目で評価がなされています。この中で広告主がコントロールしやすいのがランディングページの利便性です。後述もしますが、ポイントになるのはいかにユーザーに分かりやすく、使いやすいランディングページであるかどうかです。リスティング効果を高めるためのテクニックとして、必ず心得ておきましょう。

2.LPOでコンバージョン率アップ

リスティング広告は1クリックが費用に直結します。そのため、クリックしたユーザーに対してのコンバージョン率をできるだけ上げることが費用対効果を高めるには重要です。なお、こうしたテクニックのことをLPO(ランディングページ最適化)と呼びます。

LPO施策はともすると、それだけで一冊の本ができあがってしまう程に奥深いものです。しかし基本となるのは「ユーザーにとって分かりやすいページか否か」ということです。

大前提として、ユーザーは自分の疑問や欲求を解決することを目的に検索を行っていることを覚えておきましょう。そして、クリック後に見たページで、その解決策が提示されているかどうかが非常に重要です。 たとえば「京都 旅館 おすすめ」というキーワードで検索をかけたユーザーの欲求というのは、「京都でおすすめの旅館を見つける」というシンプルなものです。それに対して、関西のおすすめ観光スポットを案内するようなランディングページは不親切と言えます。

また、京都のおすすめ旅館が掲載されているにもかかわらず、コピーなどでそれがアピールされていなかったり、情報が不足していたりしていては、やはりユーザーの離脱を招く結果となるでしょう。

重要なのは、1クリックでユーザーが求めている情報を提示できるかどうか。そして、それがひと目で分かるかどうかという点を意識してみてください。

3.日々の分析がその後の明暗を分ける

どんなに綿密なリスティングの計画を立てたとしても、それによって効果が上がっていないのであれば、その施策は失敗ということになります。そして、それよりも最悪なのが、その失敗に気がつかないこと。これを回避するためには、日々の分析を欠かさず行うことが重要です。

  • 予算配分は適切に行われているか?
  • 思わぬクリックが発生していないか?
  • 狙い通りにキーワードがクリックされているか?
  • PCとスマホやタブレットへの配信比率は適正か?
  • 効果的な検索パートナーへの配信が行われているか?
  • 運用ワードの定期的な見直しを行っているか?

少し考えただけでも、分析によって改善できるポイントというのは数多く存在します。
まずは定期的なリスティング広告の掲載結果のチェックからはじめ、どのような動きがあったのかについて把握し、その原因について突き止めることが重要なヒントとなります。どのような改善策があるのかのナレッジも蓄積され、より効果的なテクニックがノウハウとして身につくでしょう。

また、自社のデータだけでなく、競合に対しての調査も欠かしてはなりません。最近になって競合他社の広告の掲載順位が上がっていたり、新たな競合が登場していたりといったケースは往々にして起こりうる事態です。少しの変化も見逃さないよう、常にアンテナを張り巡らせるよう心がけましょう。

このように、リスティング広告の効果を高めるためには、掲載順位とコンバージョン率を左右するランディングページの最適化と、日々の分析が重要です。

今回ご紹介したテクニックはごく初歩的なものではありますが、忘れてはいけないポイントばかり。リスティング広告を運用する際は、必ず頭に入れておきましょう。

◆リスティング広告については、下記の記事もご覧ください。

セミナー情報

セミナー情報

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

関連キーワード

リスティング

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング