エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

理想動画制作会社

スグ見つかる!

動画を探す

movieprint
MoviePrint
TOP > マーケティング入門 > 【BtoBマーケティングオートメーションに関するアンケート調査結果レポート】MA導入率は10%と昨年から微増。MA導入者の半数以上が導入から実運用開始まで4か月以上かかっている。

【BtoBマーケティングオートメーションに関するアンケート調査結果レポート】MA導入率は10%と昨年から微増。MA導入者の半数以上が導入から実運用開始まで4か月以上かかっている。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/13
【BtoBマーケティングオートメーションに関するアンケート調査結果レポート】MA導入率は10%と昨年から微増。MA導入者の半数以上が導入から実運用開始まで4か月以上かかっている。

昨年11月に弊社が行ったアンケートでは、MAの導入率は7%、認知度は47%という結果になっていました。
国産MAツールも増えている中でMAツールの導入を検討する企業がさらに多くなってきています。

そこで弊社Mtame(エムタメ)では今年度も、2018年10月にインターネット調査にてBtoB企業にお勤めの方にアンケートを実施しました。

今回は、調査結果のデータを一部公開します。全部ご覧になりたい方はこちらからダウンロードしてください。

※ 全データは下記よりご登録後、無料でダウンロード可能です。

BtoBマーケティングオートメーション意識調査

調査サマリ

・MA導入率は昨年の7%から10%へと微増

・MAで使いこなせない機能は昨年と変わらず、1位はシナリオ設計、2位はスコアリング

・MA導入者の半数以上がMA導入から実運用開始まで4か月以上かかっている

・MA運用時にカスタマージャーニーを作成し活用できているのはMA導入者の24%

・MA非導入者はマーケティングによる効果を感じられていない割合が高い

調査概要

調査テーマ:BtoBマーケティングオートメーションに関するアンケート

調査手段:インターネット調査

調査期間:2018年10月1日~2018年10月31日

対象者:BtoB企業に属する人

回答数:3,030名

回答者の属性

回答者の属性

マーケティングオートメーション(MA)をご存知ですか?


マーケティングオートメーションをご存知ですか?

MAを知っているのは全体の55%

マーケティングオートメーションを知っていると回答したのは全体(614名)の55%という結果になりました。

あなたのお勤め先がマーケティングオートメーションツールを導入しない(検討出来ない)理由を教えてください。






MAを導入しない理由は「費用」「活用が難しそう」だから

MAを導入しない理由としては、導入費用や月額費用などの費用がネックになっている場合や、リソースや知識不足などの活用がネックになっている場合が多いことがわかりました。

あなたのお勤め先でのマーケティングオートメーションツール導入から実運用開始までの期間はどれくらいですか?




半数以上がMA導入から実運用開始まで4か月以上かかっている

いざMAを導入しても、実運用開始に数か月かかっている企業がほとんどであることがわかりました。

あなたのお勤め先ではマーケティングオートメーションツールを使いこなしていますか?




メール配信程度の運用になってしまっている

「完璧に使いこなしている」と答えたのは22%(70名)にとどまり、「メール配信程度の運用になっている」と回答した企業が最も多く全体の40%(125名)という結果になりました。

あなたが、マーケティングオートメーションで難しい(使いこなせない)と感じる機能はなんですか?




最も使いこなせない機能は昨年と変わらず「シナリオ設計」と「スコアリング」

昨年のアンケート結果から変わらず、この2つの機能はMAの機能の中で企業が最も使いこなせていない機能であることがわかります。

まとめ

2017年11月に実施したアンケートと比べ、導入率・認知度ともに上がってはいますが、導入率は未だ10%とそこまで大幅な上昇はなく、まだまだMAの導入は進んでいません。
その要因は依然として「コスト」と「機能の複雑さ」にあり、MA導入の障壁は昨年と変わっていないことがわかりました。

さらに今回新しく「導入から実運用までの期間」「MAを使いこなせているか」という設問を設け、半数以上がMA導入から実運用までに4か月以上かかっており、またいざ導入しても「メール配信程度の運用になってしまっている」という企業が4割近くであることがわかりました。

また、運用に必要なカスタマージャーニーも7割以上の企業が活用できていない現状が明らかになり、MA導入の効果は一定以上あるものの、導入後の設定や運用の難しさも課題として浮き彫りになりました。

MAを検討する際には、自社に合った機能や価格帯を選ぶのはもちろんですが、シナリオやステータスなど導入後の設計まで提案してくれるベンダーやコンサルティング会社を選ぶことが重要だということがわかりました。

マーケティングオートメーションについては、こちらの記事もご覧ください。

※本意識調査の全データは、「エムタメ!」より登録フォームにお進みいただき、個人情報をご登録のうえ閲覧していただけます。
https://mtame.jp/white_paper/ma_report_201810/

※本リリースに含まれる調査結果をご掲載いただく際は、必ず「エムタメ!調査」と明記ください。

※ 全データは下記よりご登録後、無料でダウンロード可能です。

BtoBマーケティングオートメーション意識調査

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

関連キーワード

MA おすすめ

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング