エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

理想動画制作会社

スグ見つかる!

動画を探す

movieprint
MoviePrint
TOP > コンテンツマーケティング > コンテンツマーケティングは計画的に!サジェストからキーワード対策をしよう!

コンテンツマーケティングは計画的に!サジェストからキーワード対策をしよう!

SEO
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/12/06
コンテンツマーケティングは計画的に!サジェストからキーワード対策をしよう!

オウンドメディアで自然検索からの流入を増やすためには、計画的な「キーワード選定」が必要です。

対策すべきキーワードの選定ポイントを「検索ボリューム」「(CVに近い)ロングテールキーワード」「サジェスト」の3つに絞って説明していきます。

コンテンツマーケティングのよくある勘違い

コンテンツマーケティング始めようとする担当者に多く見受けられる勘違いがあります。

それは「良質なコンテンツを用意すれば、自動的に上位表示され、広告を打たなくてもユーザーが集まってくる」と思っていることです。

全部が間違いではありませんが、この認識でオウンドメディアを開設すると初期段階で大きく苦しむことが想定されます。

例えば、新規ドメインでオウンドメディアを開設した場合、Googleに認知されるのに2週間から3ヶ月程かかります。

その間、検索には引っ掛かりづらい状態ですので、プロモーションを何もしなければユーザーが集まってくることはほぼないでしょう。

また、いかに良質なコンテンツでも、そもそも検索ボリュームが小さいキーワードだった場合、検索で見つけてもらうことは難しいので、自社メディアのファンがシェアしない限り、自然発生的な拡散は期待できません。

つまり、外部対策、内部対策、キーワード対策、広告など、あらゆる手法でプロモーションすることが必須なのです。

その中でも、今回は「キーワード対策」について説明していきます。

対策すべきキーワードとは?

自然検索からの流入を増やすための「キーワード対策」ではどういった選定ポイントがあるか見ていきます。

対策すべきキーワードは「検索ボリューム」「(CVに近い)ロングテールキーワード」「サジェスト」の3つを複合的に考慮することが必要です。

①検索ボリューム

Google AdWords ヘルプによる「検索ボリューム」の概念は下記の通りです。

指定したターゲット設定と期間で、キーワードとその類似パターンが検索された平均回数です。デフォルトでは、12 か月間の平均検索数が表示されます。

つまり、そのキーワードが検索されるポテンシャルを図ることができます。

冒頭でも記載しましたが、この「検索ボリューム」が小さいと、いかに良質なコンテンツでも、そもそも検索されないので、自然検索で見つけてもらうことは難しいのです。

Googleでの検索ボリュームは、Google AdWordsのキーワードプランナーというツールで簡単に調べることができるので、記事を書く前に調べておくことをおすすめします。

②(CVに近い)ロングテールキーワード

また、検索ボリュームが大きくても、競合性が高いキーワードで上位表示を狙うことは困難です。

その場合、「(CVに近い)ロングテールキーワード」を細かく出していくことが大事です。

例えば「マーケティングオートメーション」でキーワード対策しようと決めたとします。

しかし、「マーケティングオートメーション」は検索ボリュームこそ大きいですが、全国の猛者達も対策していたり、広告を出していたりするので、それだけでは上位表示は難しいでしょう。

そこで「マーケティングオートメーション 活用」と、より検討度が高くてCVに近いキーワードにするとどうでしょう。

いっきに上位表示を狙えるキーワードになります。

これが「マーケティングオートメーション 概要」や「マーケティングオートメーションとは」だと、上位表示は狙えるかもしれませんが、勉強している方や情報集だけのユーザーも含まれてくるので、CVに近いロングテールキーワードである必要があります。

③サジェスト

最後に「サジェスト」での対策方法をまとめていきます。

Google 日本語入力 ヘルプによる「サジェスト」の概念は下記の通りです。

サジェスト機能とは、入力途中に予測を行い、入力文字列の下に候補として表示する機能です。

みなさんもよく見たことがあると思いますが、赤枠の部分に表示される文言です。

オートコンプリートとも呼ばれます。

サジェスト

実際にGoogleで検索されているキーワードの掛け合わせや、ユーザーが検索する可能性が高いものを提案しているので、サジェストをもとに決めた「(CVに近い)ロングテールキーワード」は効果的です。

サジェストキーワード取得ツール

対策したいキーワードのサジェストで「(CVに近い)ロングテールキーワード」を決めると効果的とご紹介しましたが、いちいち検索窓でキーワードを入力してサジェストを調べるのは大変ですよね...

そこで無料でサジェストキーワードを取得ツールをご紹介します。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

http://www.gskw.net/

goodkeyword

goodkeyword

https://goodkeyword.net/

まとめ

コンテンツマーケティングも普及して、オウンドメディアの運用も一般的になってきました。

そのため、以前よりも検索で上位表示させるためにはテクニックが必要とされてきています。

特に、同業界の競合会社もオウンドメディアを運営していて、新規ドメインで新たに参入するメディアの場合、より綿密な計画が必要です。

「検索ボリューム」があるキーワードの「サジェスト」で決めた「(CVに近い)ロングテールキーワード」で、記事のコンテンツ計画を立て、最速で効果を得られるようにしましょう。

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

関連キーワード

SEO

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング