エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

Bow Now
 >  > Instagramの投稿をシェアしたい!「Repostアプリ」の使い方

Instagramの投稿をシェアしたい!「Repostアプリ」の使い方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/18

「シェア」とは「共有する」「拡散する」という意味です。FaceBookやTwitterなど代表的なSNSでは「シェア」機能がついており、人々は当たり前のように他の人に伝えたい投稿をシェアしますよね。

Instagramでもシェアを行うことによって、多くの人に投稿を見てもらうことができます。また、他の人の投稿を自分のタイムラインに掲載することも可能となり、タイムラインが充実するでしょう。

本日はInstagramでの「シェアの方法」をご紹介します。

シェアするためには3つの方法があります

Instagramでの「シェア」には3パターンあります。

■ あなたの投稿を他のSNSにシェアする

■ あなたや他の人の投稿をフォロワーに直接シェアする

■ 他の人の投稿をあなたのタイムラインにシェアする

今回はこれらの3つの方法について、ご紹介いたします。

あなたの投稿を他のSNSにシェアする

まずは、Instagramアカウントを他のSNSと連携する必要があります。

プロフィールを編集
オプション画面
シェア設定

   

「プロフィールを編集」の右横にあるマークをタップするとオプション画面に移ります。画面の中の[設定>リンク済みアカウント]をタップすると「シェア設定」に移ります。ここから、各SNSアカウントと連携することができるので、シェアを行いたいSNSをタップして、ログインを行うことで連携をしてみましょう。

シェアしたい自分の投稿の画面
ェアする」へ進む

連携が完了したら、シェアしたい自分の投稿の画面にいきましょう。右上にある「…」をタップして、「シェアする」へ進みます。

投稿をシェア

各SNSのシェアボタンがありますので、連携しているアカウントのボタンをタップするとシェアが有効になります。右上の「シェアする」をタップするとシェア完了です。なお、連携していないアカウントのボタンをタップすると、各SNSのログイン画面に移行します。そこでログインを行っても連携することが可能です。

また、画面下部にある「メールアドレス」をタップするとメールでの共有ができたり、「リンクをコピー」をタップして投稿のURLをコピー&ペーストすることもできますので、連携していないアプリなどでシェアを行う際にはこちらを活用してみてください。

あなたや他の人の投稿をフォロワーに直接シェアする

自身の投稿でも、他のユーザーの投稿でも、フォロワーに対してシェアを行うことができます。

投稿をシェアする画面
投稿をシェアする画面
投稿をシェアする画面

今回は他のユーザーの投稿をシェアする画面で、説明します。

投稿の左下にある「紙飛行機」のようなマークをタップすると、「シェアする」というポップアップが出現します。投稿をシェアしたいユーザーを選択して、必要があればメッセージを記入し、青色の送信ボタンをタップして完了です。

■応用編

グループを作成

「シェアする」ポップアップの右側にある「新規グループ」のボタンをタップすると、フォロワーをグループ化して、投稿をシェアすることができます。グループの名前を入力して、所属するユーザーをタップすることでグループを作成します。グループの作成が完了すると、そこに所属するユーザーに一括でシェアを行うことが可能になります。

「紙飛行機」マーク
ダイレクトメッセージ

なお、シェアされた投稿はタイムライン画面の右上にある「紙飛行機」マークから飛べる「ダイレクトメッセージ」に表示されます。

他の人の投稿をあなたのタイムラインにシェアする

Instagramの場合、FaceBookやTwitterのように自分のタイムラインに他の人の投稿をシェアするためには別のアプリを使う必要があります。

Repostアプリ

AppStoreやGooglePlayで「Repost」と検索して、ダウンロードしてみましょう。上記2つのアプリが使いやすくておすすめです。今回は、Instagramアプリのアイコンと似ている左側のRepostアプリをご紹介します。

Repostアプリ
ログインボタン

アプリを起動するとこのような画面になります。ログインボタンを押して、InstagramのIDとパスワードを入力します。

写真のサムネイル
検索」をタップ
写真を投稿しているアカウント

ログインすると投稿した写真のサムネイルが表示されます。左上の「検索」をタップして、ユーザー名かハッシュタグを検索します。今回は、ユーザー名を検索して、シェアしたい写真を投稿しているアカウントを発見しました。

シェアしたい写真
シェアしたい写真

シェアしたい写真をタップすると写真が拡大されます。右下にある「Repost」ボタンをタップすると、Repostの編集画面に移ります。左下のアイコンをクリックすると、写真左上にある「誰の投稿をRepostしたのかがわかるマーク」の位置を変更することができます。表示には2種類のパターンがあり、それぞれ左上と右下に表示されます。Repostのマークをいれないことも可能ですが、基本的には引用元は表示させたほうが良いといわれております。表示をさせない場合には、コメントに引用元のユーザーIDを記載してリンクを貼ると良いでしょう。

また、Repostのマークの色を変更することも可能です。写真の右下に「ラ…」「ダ…」というボタンがあります。これらはおそらく「ライト」「ダーク」かと思われます。「ライト」をタップすると背景が明るいホワイトになり、「ダーク」をタップすると半透明のブラックになります。写真の色味に合わせて見やすく変更するようにしましょう。

Instagramにコピー
Instagramの投稿画面

Repostマークの調整が完了したら、下部にある「Repost」という青色のボタンをタップしましょう。ポップアップが表示され、「Instagramにコピー」が選択できるようになります。アプリを選択すると、通常のInstagramの投稿画面に移りますので、加工やコメントなどの設定を行って投稿をするとシェア完了です。

シェアされた投稿

シェアされた投稿は自分のタイムラインに表示されるようになるので、確認してみましょう。

シェアして充実なタイムラインに!

Instagramではシェアができない・・・とあきらめていた方もいたのではないでしょうか?別のアプリを経由してシェアを行うことは他のSNSでは経験がないので、Instagram特有のシェア方法といえるでしょう。

シェアを行うことで、ユーザーに投稿を広めることはもちろんのこと、自分のタイムラインを充実させることにもつながるので、是非積極的に使ってみはいかがでしょうか?

無料資料ダウンロード

BtoBマーケティングハンドブック 表紙

BtoBマーケティングハンドブック

無料ダウンロード

展示会の効果を最大化させる12の手法 表紙

展示会の効果を最大化させる12の手法

無料ダウンロード

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

はじめての展示会物語
メールマーケティング