エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

Bow Now
 >  > 一撃必殺!担当者の目と心に刺さるインパクト絶大の広告の特徴

一撃必殺!担当者の目と心に刺さるインパクト絶大の広告の特徴

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/11/13
これまでの雑誌や新聞、テレビといった広告の世界では、キャッチコピーとリードコピー、そしてボディコピーにそれぞれの役割があり、それらの役割を合わせることで広告としての機能を発揮していました。

 

しかし、ネット広告にはスペースに制約があるため、ダイレクトでよりインパクトのあるコピーが求められるようになってきているのです。

つまりその「インパクトのあるコピー」の良し悪しが、成約に大きな影響を与えるようになっているということです。

 

そこで今回は、「成功するネット広告に共通する特徴」についてご説明します。

ひと目見て使うメリットがわかるものであること

一撃で顧客を捉える広告の特徴としては、ユーザーがひと目で「得られるメリットは何か」を理解できるようになっているという点があります。

 

とくにネット広告では、この「得られるメリット」を分かりやすくするために、数字をうまく使った広告なども多くなっています。

なぜなら、人は「数字を使用した根拠性の高い広告」に強く反応する傾向にあるからです。

 

たとえば、企業におけるプレゼンテーションなどは、まさにそれに当たります。

実際に効果の発揮を示す数字が添付されているデータには、強く納得を得られるという人は決して少なくないはずです。

 

つまり、限られたスペースを利用したネット上の広告では、こうした数字を効果的に表記したキャッチコピーが「ユーザーとなる顧客の購買行動にダイレクトに働きかける力」となるのです。

 

もちろん、表示していく数字にデータとしての根拠が求められることは言うまでもありません。

たとえば「導入企業の実に89%に即日効果が表れます」という事実に基づくダイレクトな訴求は、企業の担当者の心を動かす可能性も高くなります。

 

数字以外にも、利用メリットが明確に示された広告は顧客を動かし、成功するケースが多い傾向にあります。

これもインパクトのある広告が持つ特徴の1つとなっているのです。

 

そのため、結果に対する具体的な数値の表記や、ひと目でメリットが理解できることが重要と言えるでしょう。

同じ商材、サービスでも、こうしたキャッチコピーの書き方ひとつで顧客の反応は大きく異なり、ユーザー獲得に驚くほどの違いが生じることになるのです。

情緒的価値を高めるエッセンスがあること

ユーザーを効果的に取り込む工夫としてもう1つ注目されているのが、「情緒的価値を高める材料をしっかりと包含していること」です。

BtoBで成功する広告は、実際に購入、導入することで、いかに簡単・簡便にサービスや商品をうまく利用できるかを示しているものが多い傾向にあります。

 

ただ、こうした機能的価値だけにとどまらず、その商品やサービスを利用することによってもたらされる「感覚的な価値」を高める要素が入り込んでいることも、重要な要素となるのです。

そのため、いかに「情緒的価値」を提供する「キャッチーなコピー」を作成できるかが重要と言えるでしょう。

端的に言えば、ブランドの構築は情緒的価値の最たる例であり、購買行動の意思決定において重要な役割を果たすのです。

インパクトのある広告には、こうした要素が盛り込まれている傾向にありますので、ぜひチェックしてみてください。

ターゲットがしっかりと定まっていること

BtoBの世界では、課題を抱えた多くの企業の担当者が、インターネット上で情報を検索することで、解決策を探しています。

ネット広告には、そういった顧客の目にとまり、内容を見てみようかと思わせるキャッチコピーが必要なのです。

 

さらに、ユーザーとなる顧客が「これは自分の悩みを解決してくれるものだ」認識できるようなキャッチコピーがついていれば、より高い反応を見込めます。

 

こうしたインパクトのある広告は、すぐに商品やサービスを購入してくれる顧客にターゲットを絞り込むことができます。

そして、非常に費用対効果の高い告知活動を実現することができるようになるわけです。

 

そのため、バナーのキャッチコピーだけでターゲット顧客を取り込めるようにすることが極めて重要と言えます。

B to Bを対象とするネット広告で飛躍的に効果を上げている企業は、こうしたターゲッティングとトーン&マナーの設定をよく理解しており、インパクトの強い効果的な広告を作り出すことに成功しているのです。

仕組みは単純、問題は実践できるかどうか

然るべきターゲットを取り込むことができている秀逸な広告は、今回ご紹介したポイントをしっかりと押さえることが出来ている傾向にあります。

 

ネット上の広告は、長い時間をかけてチェックするようなものではありませんから、「ひと目でその特徴が理解できること」が重要と言えるでしょう。

また、単純な機能価値のみならず、奥行きのある情緒的価値を内在していることも強い武器になるのです。

 

そして何よりも、ターゲットがしっかり絞り込まれており、そのターゲットがひと目見ただけで反応を起こしたくなるようなキャッチコピーが重要になります。

こうしたポイントは、書き出してみるとどれも単純そうに見えますが、実践にあたり限られたスペースと文字数を有効に使うためには、専門のスキルが必要とされるものなのです。

まずは専門業者に相談してみるのも一つの手でしょう。

 

 

記事を読んだだけでは
課題解決できなかった方へ

無料でエムタメ!のコンサルタントに
相談してみませんか?

エムタメ!では市場が抱えている課題をいち早く把握するため、一都三県の企業様の元に直接訪問して、現在抱えている課題共有頂き、無料で今までのノウハウから課題解決までのアドバイスを行っております。

WEBマーケティングの相談を
してみる(無料)

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

メールマーケティング

最新記事