エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

Bow Now
 >  > 新米WEB担「ししし…CTAボタン?!困ったお客さんはお問い合わせしてくるでしょ!」【第6話】

新米WEB担「ししし…CTAボタン?!困ったお客さんはお問い合わせしてくるでしょ!」【第6話】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/24

突如、勤め先である「ひまわりシステム」のWEBサイトリニューアル担当になってしまった青木。
WEBサイト制作については何の知識もないところからのスタートだったが、持ち前のガッツで、制作会社にデザインのフレームワークを作ってもらうところまでこぎつけた。そして、青木はWEBサイトづくりの面白さに目覚めはじめていた。

リニューアルサイトの大枠が固まり、あとは細かい調整さえこなせばいいだけ!と余裕を見せる青木だったが、果たして…?

【前回までの話はこちら】
■新米WEB担「よっしゃ!この古臭いホームページとも、やっとおさらばできる!」【第0話】
■新米WEB担「やっぱ今はデザインっしょ!かっこいいサイトにすればPV増えそう!」【第1話】
■新米WEB担「WEB制作会社に違いとかなくね?一番安い会社にしよっと」【第2話】
■新米WEB担「社内根回しが重要!契約までのステップを確認しなきゃ!」【第3話】
■新米WEB担「新規獲得のために必要なページって?サイトマップってどうやって考えるの?!」【第4話】
■新米WEB担「イマドキのナウいデザインで作りたい!信頼性があってカッコイイサイトを!」【第5話】

お問い合わせが増えるWEBサイトを作るには…?

青木は、ディレクターの梅岡が帰ったあと、上司:谷と相談しながらデザイン依頼書を完成させた。そして、すぐに梅岡にメールで送っていたのだった。

それから数日が経ち、ついに、梅岡からデザインのフレームワークが届いた。
さっそく、届いたフレームワークを確認する青木。

青木

だんだん形になってきたな~。いよいよ今週からWEB化の作業に入るみたいだし、順調、順調!

リニューアルを進めるなかで少しずつ成長し、企業のWEB担当としての自覚も芽生えてきた青木。

しかし、上司:谷からの信頼はいまひとつ得られていないようで、相変わらず叱責を受けているのだった。
青木は、先日受けたお説教での上司:谷の言葉を思い返していた。

谷

これで、本当にお問い合わせが増えるWEBサイトになるのか?おまえがしっかりレギュレーションとらないとダメなんだからな!

青木

…っと、安心してる場合じゃない!一人前のWEB担当になるためには、まだまだ勉強しなきゃいけないことがたくさんあるんだった!

そそくさとパソコンに向かう。

青木

何か、新米のWEB担当者に役立つ情報はないかな、と…。 あ!コレなんてどうだろう?

青木が見つけたページのタイトルはズバリ「WEB担当の必勝法!」。

青木

この出会いはきっと運命!あたしのためのコンテンツ…見るしかない。

生唾を飲み込んでクリックしてみると…!
そこにはWEBサイトで企業利益をアップさせるための、いくつものノウハウが書かれていた。

回遊性?黄金ルート?…って、なに?

青木は、せっかくお宝情報が満載のページを前にしながら、そこに並んだ「回遊性を上げる」「ゴールデンルート」「CTA」など、初めて見る言葉の洪水に酔いそうになっていた。

青木

め、目が回るぅ~…

そこへ、外出先から帰ってきた営業部の美和が通りかかった。

美和

美和

【ひまわりシステム 営業部】  美和

25歳。ひまわりシステム株式会社に新卒で入社。青木とは同期で、よく飲みに行く仲。はっちゃけている姉御系で後輩に慕われているが、恋愛は自主的にお休み中で今は自分磨きに専念している。お金に目がなく、キャリアウーマンを目指している。中学生の頃からPCを使って画像加工などもやっていたオマセさん。
■休日の過ごし方:オーガニック料理を作り、日本酒とのマリアージュを楽しむ

美和

疲れた~!今日はすごい遠い訪問だったんだよ…って、青木、何見てるの?

微動だにしない青木を不審がってパソコンをのぞき込んだ美和は、青木と同様、そこに並んだ見慣れない言葉たちに目を回しかけた。

だが、意識が飛ぶ前にかろうじて目の端にとらえた「用語集」の3文字を指さして叫ぶ。

美和

青木!ここっ!ここ、クリックしてみよう!

天の声
【解説】(天の声)

今回は、収益を上げるためのWEBサイトづくりのポイントについて解説します。

■回遊性を上げるとは…?

WEBサイトを訪れたユーザーが、サイト内に貼られたリンクを次つぎにクリックして進んでいくことにより、より多くのページを見てもらえるような状態にすることを「回遊性を上げる」といいます。
回遊性を上げるためには、ページに書かれた内容をチェックしたユーザーが、次の行動を取るための導線を作ってあげる必要があります。
複数ターゲットのニーズがクロスする部分を探し出し、そこにどんなコンテンツを掲載するかを決めることが重要です。

■ゴールデンルートとは

「ユーザーがどういった導線でお問い合わせまでたどりついているのか?」
「導線の過程で離脱が発生しているページはどこか?」
などを分析することで、ユーザーをスムーズにお問い合わせまでたどりつかせるための最適なルートを探します。
このルートを「ゴールデンルート」とよびます。

美和

ふんふん、“回遊性を上げる”って、こういうことなんだね~。
たしかに、最近、よく女子向けのニュースをまとめたWEBサイトとかを見てるけど、関連する記事へのリンクがあるから、必ず飛んじゃってるかも!

青木

私も!それって戦略的に作られた構造だったんだね!
このゴールデンルートっていうのは、離脱率が高いページがあったら、その原因を分析して、回遊性を上げるようにページを修正してあげればいいってことじゃない?

美和

えっ、青木…!?天才じゃん!なんか、すっかりWEB担当だね!!すごいよ~。

ページの回遊性を上げてゴールデンルートを分析することが、お問い合わせを増加させる近道だということを理解した二人だった。

有効的なCTAボタンを作ろう

新たな知識を身につけた青木は、自信をみなぎらせていた。

青木

これで、谷さんをギャフンと言わせられるわ!
あ、そうだ。梅岡さんは、こんな高度な専門知識なんて持っているのかしら~?

青木は、早速、身につけたばかりの知識をひけらかすために、梅岡に電話をかけてみた。

青木

あ、お世話になってま~す!WEB化の進捗って、どんな感じですか?
もし、テスト環境ができあがったら回遊性とか確認したいので、知らせてくださいね!(どや)

梅岡

テスト環境は、明日できあがる予定です。もちろん回遊性は考慮していますよ。

契約ページ数が少ないので、御社の方でCMSを利用して、CTAボタン用のページをいくつか作って欲しいと思っているんですが、いかがでしょうか?

青木

…(CTA??)

梅岡

(ハッ!そうだった。この知ったかぶりな子羊には、懇切丁寧な解説が必要なんだった…!)すみません、つい…きちんとご説明しますね。

CTAというのは、とは“Call to action”の略で、日本語で言えば「行動喚起」です。
CTAボタンというのは、WEBサイトを見て、何らかのアクションを起こそうと思った人が具体的な行動を起こすために設置してあげるボタンのことです。

アクションとしては、たとえば、お問い合わせや資料請求、よくある質問、用語集などが挙げられます。
御社の場合はシステム会社さんなので、このほかに、デモ版の発行や見積依頼なども当てはまりますね。

今回は、CMSを使って「お問い合わせフォーム」を複製することで簡単に作れる「資料請求」「見積もり依頼」「デモ版発行」の3つを作成していただくことを想定しています。

青木

……わかりました。そのページ、私が作成します!!

目的に立ち返ってコンテンツを考えよう!

これまで、WEBサイト更新の経験もなかった青木が、CMSを使うとはいえ、「新規ページの作成」という大業に自ら挑むことを決めたのは大きな進歩だった。

効果的なCTAを設置することを提案してくれた梅岡のおかげで、青木のWEB担レベルは、またひとつ上がった。

青木

リニューアルの目的に立ち返ることは大切だけど、自社都合で考えるだけじゃなくお客さんの目線に立ってコンテンツを考えないと、結局は、お問い合わせの増えるサイトにはならないんだな~。

よし!もっといろんな用語を覚えて、もっともっといいWEBサイトにしようっ!

美和

お疲れ、青木。頑張ってる良い子には、美和姉さんがおごってあげちゃうぞ~♪

美和&青木

WEBサイトリニューアルがまた一歩前進し、さらに意欲的になった青木は、晴れ晴れとした気持ちで美和と一緒に飲みに出かけるのであった。

つづく。

次の話

【第7話】新米WEB担「完成まであと少し!でも…リニューアルしたからといってお客様は集まってくるものなの?」

前の話

【第5話】新米WEB担「イマドキのナウいデザインで作りたい!信頼性があってカッコイイサイトを!」

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

最新記事