エムタメ!について facebook twitter

マーケティング担当者のために
マーケティングに関わるためになる情報をためていく

Bow Now
 >  > 新米WEB担「やっぱ今はデザインっしょ!かっこいいサイトにすればPV増えそう!」【第1話】

新米WEB担「やっぱ今はデザインっしょ!かっこいいサイトにすればPV増えそう!」【第1話】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/01/27

上司から突然押し付けられたホームページリニューアルの任務だったが、現状の古臭いWEBサイトを見るうちに、持ち前のまっすぐで一生懸命な性格が炸裂し、やる気に火が点いた青木。

いよいよ実際にWEBサイトリニューアルに着手することになるが果たして…?

【前回までの話はこちら】
新米WEB担「よっしゃ!この古臭いホームページとも、やっとおさらばできる!」【第0話】

とにかくカッコイイサイトにしたい!

青木「やっぱり、せっかくリニューアルするんだし、イマドキのデザインでカッコイイサイトにしたいよね~♪」

とにかくカッコイイサイトにしたい!

ひまわりシステム株式会社のWEBサイトリニューアル担当者に決まった青木は、まず、WEBサイトの完成イメージをふくらませるため、デザイン会社やアパレルブランドなどのおしゃれなWEBサイトを片っ端から開いては眺めていた。

青木

おっ、こういう動き、カッコイイじゃん!スクロールすると、背景はそのままなのに上の文字だけ動く…みたいなの。こんなWEBサイトならPVも増えそうだな~。

上司

青木、WEBサイトリニューアルの件は進んでるのか?

青木

はい、バッチリです!もうリニューアル後のイメージとかだいたい固まってきましたし。ホラ、見てください!こんな感じのWEBサイトだったら、アクセスが増えてお問い合わせもじゃんじゃん来そうじゃないですか?

そういって、青木は今までいろいろ見てきたなかで一番カッコイイと思うデザイン会社のWEBサイトを谷に見せた。

一番カッコイイと思うデザイン会社

青木

どうですか?(ドヤ顔)

上司

デザインもいいけどさ、これで費用対効果は出るの?青木は、リニューアル後のWEBサイトにどんな成果を見込んでるの?見た目だけじゃなくてさ、マネタイズできるのかとか、そういうことも考えた方がいいんじゃない?

青木

…マネタイズ、ですか?(何だろ、それ)

上司

いくら予算が余ったからとはいえ、会社のお金を使う以上、ただ、カッコイイサイト~!とかじゃダメだろ。要件定義書とか作ってみたら?

「要件定義書」って何それ美味しいの?

青木「…(ようけん、ていぎしょ…??わからん!…でも、ここはとりあえず)そうですね、作ってみます。」

かくして、青木は「要件定義書」を探し求めてネットの海に泳ぎ出るのであった。
そして、「要件定義書」について調べていた青木は、「提案依頼書」=RFPにたどり着く。

天の声
【解説】(天の声)

デザイン重視でWEBサイトリニューアルを進めようとして、危うく失敗しそうになった青木さんですが、WEBサイト制作の際にサイトのゴール(=目的)をおろそかにしてしまうというところは、実際に多いものなのです。

陥りがちな失敗例として、次のようなものがあります。

  • 相見積を取ったところさまざまな提案を受け、どれを選べば良いのか迷ってしまう
  • 予算が決まっておらず、相見積の結果がピンキリで内容もバラバラで比較ができない
  • WEBサイトのゴールが定まっていないため、成果か何かを設定できない
  • 制作期間が決まっておらず、だらだらと時間を使ってしまってなかなか完成しない

WEBサイト制作の最初から最後まで、さらにはオープン後の運用フェーズでも、WEBサイトの目的や存在意義をブレさせないためにも、RFP(=Request For Proposal:提案依頼書)を作成しておくことをおすすめします。

RFPとは、システム開発などを発注する際に、いくつかの発注候補先に具体的な提案を依頼するための文書のこと。

RFPを作成することで依頼内容の整理もできますし、自社と制作会社との役割分担が明確になります。また、伝達事項の抜け漏れ、認識のズレなども防ぐことができます。

青木

…なんだ、要件定義書って、発注する方が作るんじゃなくて、制作会社が作るものなんじゃないの。RFP…業者に依頼するんだから、こっちだよね。
テンプレートがいろいろ出てる。これを使ってみよっと。

青木は、とあるWEB制作会社が提供しているRFPテンプレートをダウンロードした。

【RFPの項目】

1.プロジェクト概要
2.リニューアルの目的
3.現行サイトの課題
4.リニューアルに至った背景
5.達成したい目標(KGI)
6.Webサイトのターゲット
7.主要事業と成長事業
8.業界背景・今後の市場見込み
9.自社のセールスポイントと弱み
10.システム環境・サーバー環境について
11.Webサイトの機能要件

12.デザイン要件
13.素材について
14.サイトの流入状況やCV状況
15.SEO対策への取り組み
16.選定基準・スケジュール
17.リニューアル後の保守・運用
18.制作実績について
19.契約の条件・支払条件
20.納品後の運用体制について
21.広告の取り扱いについて

これで完璧なWEBサイトが作れるぞ!

青木は、さっそくRFPのエクセルを開いて、埋められる項目から記入していく。

―数時間後…

RFP

青木

「…よし、だいたいできたぞ。私一人で判断できない項目は、後で谷さんに相談しよう。
それにしても、WEBサイトのリニューアルって、こんなに考えなきゃいけないことがあるんだなぁ。
でも、頑張って作ったし、これで山場は越えたでしょ。あとは、この通りに業者に作ってもらえばいいだけだよね。

これで完璧なWEBサイトが作れるぞ!

RFPができて、あとは業者に発注すれば完璧なWEBサイトができあがるはずだと信じている青木。
しかし、WEBサイトリニューアルの道のりは長く、この後もたくさんの壁が待ち受けていることを青木はまだ知らなかった。

つづく。

次の話

【第2話】新米WEB担「WEB制作会社に違いとかなくない?一番安い会社にしよっと」

前の話

【第0話】新米WEB担「よっしゃ!この古臭いホームページとも、やっとおさらばできる!」

エムタメ!ニュース

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google rss follow us in feedly

特集

WEBリニューアル物語

WEB制作のよくある失敗に全て引っ掛かるけど憎めない青木の奮闘記

メールマーケティング

最新記事